最近のトラックバック

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月26日 (土)

北朝鮮偽ドル札の真相

米国が北朝鮮に偽米ドルの犯罪と決めつけているのは、かなり前からで、1996年には元赤軍派の一人田中義三と一般人のカンボジア系日本人の二人がタイで米国シークレットサービス に偽ドル犯の罪をかぶせられ拘留された。あからさまな濡れ衣でタイの裁判所は無罪の判決を下した。これは米国SSの謀略によるものと言われてる。日本のマスコミ、特に読売新聞と当時日本電波ニュースの高世仁は、米国の 言い分をそのまま鵜呑みにして、彼らを北朝鮮の偽ドル犯人・エージェントと決めつけ大々的に日本で報道した。高世仁は、彼らが無罪判決になったにも関わらず、『スー パーKを追え』という著作を出し、テレビ朝日の「ザ・スクープ」でも同様番組を制作して放送している。今でも訂正さえしていない。以前からまともな専門家からは、国家規模で高精度の偽ドルを造るメリットがないと言われてい たが、高世などは今でも、ウソを吹聴し続けています。(参考:宮崎学氏のサイトhttp://members.at.infoseek.co.jp/siomi403/tanaka.htm )

その後、ブッシュ政権が「悪の枢軸国」と北朝鮮を敵視したことと、拉致問題で日本中が敵意をもったことに便乗して、再び北朝鮮偽ドル札報道が大きく取り上げられるようになり、元NHKアナウンサーで手嶋龍一氏が米国のプロパガンダをそのままに『ウルトラダラー』というトンデモ本出した。『ウルトラダラー』の宣伝でニュース番組に出演したのを何度か見ることがあったが、元NHKのアナウンサー(それも優秀だったそうな)でありながら、話はたどたどしく要領を得ず、目は虚ろで、なにか薬でも飲んでいるかのような感じだった。
ところが、これを真っ向から否定する報道がドイツから出され、慌てた米国はそれまで激しく北朝鮮を非難し「バンコ・デルタ・アジア」の北朝鮮口座の凍結の根拠としていた偽ドル問題を取り下げてしまった。

フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング 日曜版の日本語訳

日本ではほとんど報道されないまま現在も北朝鮮ー偽ドル札犯が幅をきかせているが、まともなインテリジェンスをもつ一部の知識人は、偽ドル札北朝鮮説を信じない。それは米国がこれまで余りにも多くの謀略工作を世界中で展開しているからだ。

原田武夫が最新刊「北朝鮮VS.アメリカ —「偽米ドル」事件と大国のパワー・ゲーム」をご紹介!!

TVの手嶋龍一氏は、たどたどしい話の中で何度も「インテリジェンス」を繰り返していたが、まるで子供が覚えたての言葉を繰り返しているようだった。手嶋龍一氏にとって「インテリジェンス」は魔法の言葉のようなのだが、どうして元NHKアナウンサーがインテリジェンスの専門家のように振る舞うようになったのか?これはあくまで想像だが、彼は米国の「インテリジェンス」との関係があったのではないのか。自覚しないうちに米国情報工作の協力者にはめ込まれていたのではないのか?虚ろな目は洗脳された者のようだった。

もう一人の偽インテリジェンスのプロ、佐藤優氏との盟友関係は偽物同士お互いが利用しあう仲だと言えるが、二人とも協力者なのかもしれない。

2008年1月15日 (火)

読み方注意! 『週刊金曜日』

自分がトピ主をしているYahoo!掲示板のトピック『ふざけるな!拉致議連、救う会、家族会 』(トップ > 政治 > 政界と政治活動 >  全般 > )のkibibi20さんの書き込み

----------

とあるMLからの転載です。

http://www.kinyobi.co.jp/KTools/mokuji_pt?v=vol685


週刊金曜日 第685号 2008年01月11日
P45「読み方注意! 『沖縄を撃つ!』(谷川茂)」
ーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、奇妙なことに、「読み方注意!」は、批判的な書評を書く連載のはずですが、普段と異なり、花村萬月=著『沖縄を撃つ!』(集英社新書)に対する批判はどこにも見られません。
 結論部分は、街のゴロツキの言いがかりか、沖縄蔑視そのものです。
 この評者・谷川茂氏は、(売春も含む)出稼ぎしないといけないほどの貧困が、沖縄住民の自己責任だとでも思っているのでしょうか。基地の問題(憲法9 条)と貧困の問題(憲法25条)は別個に存在しているとでも思っているのでしょうか。これは、日本本土が沖縄に押し付けてきた問題です。
 ↓
「基地問題や教科書問題などを議論し、反戦平和を訴え続けることに、意味がないとはいわない。だが、沖縄の家庭料理屋でそういうことを議論している方々に は、ぜひとも「同胞が大阪で股をひらいて北中城(きたなかぐすく)の実家に必死で仕送りしているのを、どう思うんだよ」という花村さんの問いかけにも、真 摯に答えていただきたい。反戦平和を達成する前に、彼女たちが大阪で股を開く必要のない社会・沖縄について、議論してほしい。」

(関西地方などの)本土−沖縄の関係と異なり、カンボジアはベトナムに対して基地=貧困を押し付けていません。

「花村さんが「関西における……売春に携わる女の子の一大供給地が沖縄である」という指摘の、関西をカンボジアに、沖縄をベトナムに入れ替えれば、双方の地で起こっているのは同じだという事実にあらわれていよう。」

----------

週刊金曜日を読んでみた。
まったくこのML氏の言うとおりだ。沖縄と本土の関係は、戦前は国内植民地として、戦後は日本の捨て駒として犠牲を強いられてきた。谷川の言うカンボジア とベトナムの関係とは全く違う。日本(本土)から捨てられ犠牲を強いられた、それが基地問題じゃないか。本土の高度成長に沖縄が与らなかったのは、なぜな のか?この谷川というバカは、そんな簡単なことさえ考えが至らない。だから、自分が知るカンボジアと沖縄を「売春」という言葉で安直に関係づけ、出した結 論が「反戦平和を達成する前に、彼女たちが大阪でまたを開く必要のない社会。沖縄について、議論して欲しい」などとふざけたことが言える。谷川の主張は、 金で買った女の子に説教するどスケベ野郎の言いぐさそのものだ。
沖縄に犠牲を強いていながら、沖縄の人を怠け者呼ばわりをする谷川のような屑が、本土人の一部にある意識だということが一番の問題なんだろうが。

これが、SAPIOや諸君などの右翼誌に書かれたものなら、そんな愚劣な言い分もあっても不思議はない。だが、人権・平和主義の立場から批評をする週刊金 曜日の『読み方注意!』でこのような差別的、反人権的な批評が掲載されるとは、これほど読者を裏切りバカにするものはない。

「こんなことでいちいち批判するな。まったく週刊金曜日の読者は頑迷でイカン」とでも佐高氏は言いそうだ。

さっき、書店で花村満月の『沖縄を撃つ』をぱらっと見てきた。自分の買春体験談を言い訳ダラダラと書いた愚にもつかないくだらない内容だった。買った女性 やその売春街のある地域をこき下ろすことで、文化人になったつもりらしい。(笑)自分のことを卑下しているが、そりゃ本心じゃないだろう。まぁ、そこらに いる飲み屋で下ネタで粋がる平凡なチンピラ風オヤジだ。
しかし、こんなくっだらない本から更に愚劣な書評をする谷川ってどうしようもない屑だよな。こんなの載せちゃう週刊金曜日って、どうなってんだ?

2008年1月 8日 (火)

続X8 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼

金光翔氏のブログによると、佐藤優氏は安田好弘弁護士を通して、インパクション編集長との三者での話し合いを求めたそうだ。当然、金光翔氏の論文『<佐藤優現象>批判』に対する対抗手段なのだろう。言論界の寵児と言われる佐藤優氏の対抗手段がいつもの事ながら言論以外の手段で行われるのがなんとも救いようのない酷い話だ。まともに言論で対抗できないからだろう。

----------
佐藤優と、その意を受けた安田好弘弁護士の強い要望により、佐藤・安田氏と『インパクション』編集長との三者の会合が、1月10日に開かれるとのことである。

私は呆れてしまった。私の論文に佐藤が異論があるのならば、『インパクション』編集部に反論・批判の文章を送るか、別の雑誌で反論・批判すべきである。そうした行為をせず、掲載誌を発行する出版社とコンタクトをとろうとするのは、出版社側と「手打ち」をする、もしくは何らかの裏取引をする、と思われても仕方がないのではないか。

http://watashinim.exblog.jp/6904990/
----------

しかし、何であの安田弁護士なんだろう。たぶん、佐藤優氏の要請に応える弁護士が彼しかいなかったのではないのか。

それにしてもインパクションに載った論文に対し言論で対抗する前に弁護士を連れて本人が編集部に出向くとは、言論人として恥ずかしくないのか?言論には言論でもってするのが原則だろう。そんな当たり前のことができないなら、言論人の資格はない。

とはいえ、まずは三者でどんな話し合いが行われるのか注目したい。

2008年1月 3日 (木)

続X7 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 下

さて本題。なぜ原田武夫氏が週刊新潮にこんな言いがかりの記事を書かれたのか?
この週刊新潮の記事の導入部には”ブログ”の記事についてから始まっている。週刊新潮関係者のブログチェックから目をつけられたのはまちがいない。しかし、原田氏と原田氏のブログが特に有名ということもなくニュースバリューがあるとは思えない。記事を読んでも指摘された内容には言いがかり以上のものは見あたらない。と言うか、言いがかりをつけるならこのブログにある客観的な視点での国際情勢分析はかなりリベラル寄りでもっと以前のエントリーが問題視されてもおかしくない。
 実は問題視している原田氏の記述(11/14)は原田氏攻撃のための言いがかりで、本当に問題視しているのはそのすぐ後のエントリー 12/12の『佐藤優という男の「インテリジェンス論」研究(その1)』 http://blog.goo.ne.jp/shiome/e/cedc3dcc9cb0f3911a636bfdc744c59d だと考えられる。 
 以前、原田氏のブログを何度か読ませてもらったが、大変優れた情報分析能力をもち、外務省のキャリアを辞職している為、客観的な視野で国際情勢を分析している。元有能なキャリア外交官の『佐藤優という男の「インテリジェンス論」研究』は、2年で論壇界の寵児、最高のインテリジェンス能力を持つ男と言われるようになった元ノンキャリア外交官佐藤氏には脅威なはずだ。(それ以前から、佐藤が北朝鮮の情報工作と決めつけたドイツ紙の偽ドルCIA製造記事の扱いなどで、佐藤の分析を論理的に批判している。http://blog.goo.ne.jp/shiome/d/20070513)
週刊新潮の記事は、論壇サイドからの批判論文『<佐藤優現象>批判』を書いた金光翔氏への週刊新潮の個人テロ攻撃とまったく同じ手口同じ構図である。

論壇の寵児はいつこの座から引きずり下ろされるのか怯えている。ネット上の少しの批判にも神経質に反応しているところから、そうとう追い詰められているようだ。佐藤優バブルの終りは近い。
彼が墜ちるとき、日本のリベラル論壇も共連れとなって大打撃を受けることになるだろう。

続X7 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼  上

またも、週刊新潮で佐藤優批判をしたブログ著者への個人攻撃記事が掲載された。

週刊新潮『「天皇のお言葉」の秘密を暴露してしまった「元外務官僚」』と言う記事だ。
読めば、これがまったく言いがかりでしかないもので支離滅裂(いつものことだが)の嫌がらせ記事でしかないことがわかる

取りあえず、つっこんでみる。
----------
この一年も、不用意なブログでの発言が引き金が引き金となり、ネットで非難が殺到する”炎上”と呼ばれるケースが後を絶たなかった。つい最近も「子猫3匹を焼却炉で焼き殺した」
・・・
一方、”炎上”したわけではないものの、不用意な発言に、目下、非難囂々という点で共通するのが、元エリート外務官僚、原田武夫氏のブログである。
-----------
先に「不用意なブログでの発言が引き金が引き金となり、ネットで非難が殺到する・・」と例を挙げていながら”炎上”していないのに非難囂々とは週刊新潮内の願望をまるで現実にあったかのように印象操作で始まる新潮の常套手段。(笑)

----------
自慢話のつもりだったのか、昔、自分が「天皇のお言葉」に関わったマル秘事項をあっけらかんと綴った結果、古巣の外務省関係者や識者たちから「非常識」「考えられない」と、集中砲火を浴びている。
----------
この週刊新潮語を解釈するとその古巣の外務省関係者というのが、原田氏に集中砲火を浴びせたいという願望なんだろ。さてそれは誰か?(笑)

----------
だが、この文章を読んで、ある外務省関係者は、「これは、うちの省が抱える爆弾になりかねない」と、表情を強張らせるのである。「まず第一に、天皇陛下のご発言、お言葉について、絶対に口外してはならないと言うことは、外務官僚の基本の基本です。天皇陛下の外国御訪問は数年前から決まっていますが、その担当に任命された者は、一室に集められ、注意、訓示を受けます。御訪問の日程はもちろん、お言葉の作成者、作成過程を含め、全ての事柄について、”貝になれ”、”まかり間違っても口外してはならない”と、きつく釘を刺されるのです。それなのに、いくら退職したとはいえ、元外交官が世界中の誰でも見ることができるインターネット上のブログに”私がお言葉の草稿を作った”などと、内情を暴露するなんて、開いた口が塞がりません。」
----------
2000年の大成功に終わった訪問について、外務省の人間が草稿を書き、天皇が「最後の瞬間までに自ら筆をとられ、外務省作成の「お言葉」案を直されていた」(新潮の孫引き)ことを明かしたことなどなんの問題もないだろうが。一般人もそういうものだと思っているはずだが。天皇が公言した言葉が「マル秘」とは、頭がどうかしている。(笑)

----------
だが、自分がお言葉の草案作成者だと宣言して、胸を張るのも困ったものだが、外務省を困惑させたのは、
----------
あら?さっきまで草案作成者だと宣言するのが問題といっていたのに、本筋はまた別のところに。(爆笑)週刊新潮の常套手段かよ。

----------
先の外務省関係者によれば、
 「原田さんは自分に大きな裁量があったような書き方をしていますが、全く違います。・・・
----------
ブログを読んでもそんなことは書いてないのだが?

----------
海外訪問の際、天皇のお言葉は公式な行事ですから、内閣や外務省、宮内庁が協議を重ねて草案を練り上げるものです。そこに天皇陛下が筆を入れたことを暴露したことの方が大問題です。こちらは後々に禍根を残しかねません」
----------
天皇が筆を入れようが入れまいが、天皇のお言葉に変わりはあるまい。バカじゃないのかこの外務省関係者は。

----------
外務省関係者が続ける。
「たしかに日本とオランダの間には、従軍慰安婦の問題が横たわっています。そんな非情にデリケートな問題に、天皇陛下が自らの意志で、積極的にタッチして、お言葉を決定されているような誤解を読む人に与えかねないからです。つまり、政治的な発言を禁じられている天皇陛下が、個別の外交案件に関与しているという疑いすら招きかねないのです」
----------
積極的にタッチしているかどうかなんて相手国には関係ない。どのみち天皇が直に発言しているんだろ。そんなこというなら、外国訪問の際の天皇のお言葉はすべて政治的な発言じゃないか。それじゃ、天皇のお言葉は「天皇陛下の御意思とはまったく関わりのないものです」と前置きしろ。(爆笑)

馬鹿馬鹿しいから、引用はここまでにしておく。週刊新潮の記事の後半を読めば、結局、原田氏の書いたものに天皇がオランダ訪問の際従軍慰安婦問題に心を痛めているとの内容があり、それが右翼には都合が悪いということらしい。(笑)マル秘事項の暴露とは何の関係もない。
個人攻撃のテロ雑誌週刊新潮らしい3段スライド式のねつ造記事だ。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ