最近のトラックバック

« 続X7 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 下 | トップページ | 読み方注意! 『週刊金曜日』 »

2008年1月 8日 (火)

続X8 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼

金光翔氏のブログによると、佐藤優氏は安田好弘弁護士を通して、インパクション編集長との三者での話し合いを求めたそうだ。当然、金光翔氏の論文『<佐藤優現象>批判』に対する対抗手段なのだろう。言論界の寵児と言われる佐藤優氏の対抗手段がいつもの事ながら言論以外の手段で行われるのがなんとも救いようのない酷い話だ。まともに言論で対抗できないからだろう。

----------
佐藤優と、その意を受けた安田好弘弁護士の強い要望により、佐藤・安田氏と『インパクション』編集長との三者の会合が、1月10日に開かれるとのことである。

私は呆れてしまった。私の論文に佐藤が異論があるのならば、『インパクション』編集部に反論・批判の文章を送るか、別の雑誌で反論・批判すべきである。そうした行為をせず、掲載誌を発行する出版社とコンタクトをとろうとするのは、出版社側と「手打ち」をする、もしくは何らかの裏取引をする、と思われても仕方がないのではないか。

http://watashinim.exblog.jp/6904990/
----------

しかし、何であの安田弁護士なんだろう。たぶん、佐藤優氏の要請に応える弁護士が彼しかいなかったのではないのか。

それにしてもインパクションに載った論文に対し言論で対抗する前に弁護士を連れて本人が編集部に出向くとは、言論人として恥ずかしくないのか?言論には言論でもってするのが原則だろう。そんな当たり前のことができないなら、言論人の資格はない。

とはいえ、まずは三者でどんな話し合いが行われるのか注目したい。

« 続X7 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 下 | トップページ | 読み方注意! 『週刊金曜日』 »

佐藤優現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/10214989

この記事へのトラックバック一覧です: 続X8 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼:

« 続X7 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 下 | トップページ | 読み方注意! 『週刊金曜日』 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ