最近のトラックバック

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月26日 (火)

口からでまかせ

ちょっと前になってしまったが、週刊金曜日2008.2/8 の 「佐藤優の飛耳長目」に 「『資本論』から読み解く中国産餃子への薬物混入」という文が載っていた。
----------
中国産餃子から有毒薬物が検出された問題が日本中を騒がせている。この問題については、製造過程で薬物が混入したのか、それとも製品ができあがった後に薬物が混入されたかについて、真相がつまびらかになっていない。
 筆者は、本件の背後に思想があると考えている。二つの側面から読み解いてみたい。

新自由主義の害悪
 第一は、新自由主義(市場原理主義)の影響である。この場合、マルクスの『資本論』の論理を適用すると状況がよく見えてくる。
(中略)
 「他人のための使用価値」である商品によって、人間の欲望が満たされる資本主義社会において、「他人のことなどどうでもいい」というモラルがはびこると、社会が破滅することになる。自分にされたくないことは他人にもしないというモラルが新自由主義体制下では崩れていると言うことの象徴となっているのが今回の餃子問題だと思う。

日中連携が急務
 第二は、日中関係の悪化である。
(中略)
 今回の餃子の問題も、日中関係がより良好ならば、起きなかったのかもしれない。新自由主義下では営利の追求が至上命題だ。しかし、他者、すなわち日本人の使用価値を満たすために作っている商品であっても、中国人の経営者と労働者が日本の消費者を「同胞」と感じているならば、製品の安全には細心の気を遣うはずだ。新自由主義を抗する思想の構築のために日中連携が急務だ。
----------
「筆者は、本件の背後に思想があると考えている。」。あ~あ、また「思想」かよ。
この時点で中国産冷凍餃子から農薬が検出されたこと以外わかっていないのに、いつものことながら強引に話を展開し始める。この前までは、「インテリジェンス」で世界を読み解いてたと思ったら、今度は「マルクス」、「資本論」でなんでも読み解いてしまうらしい。(笑)
「背後に思想がある」というより、話題に「資本論」や思想を思わせるキーワードを引っかけたかっただけだろう。中国の資本主義化移行の弊害によるモラルの低下は確かにあるけど、このことを『思想』だのと大げさに古典を振り回してする話でもないだろう。だから結論もむやみに飛躍する。「新自由主義を抗する思想の構築のために日中連携が急務だ。」だと。かっての左翼のアジテーションを思わせる威勢の良いアナクロな台詞だね。右翼なのに左翼の「知」にあこがれる佐藤らしい。

それにしたって、この程度の話にわざわざ「マルクス」、「資本論」を登場させる必要はまったくないだろ(笑)
この手の論理の飛躍は偽科学に多い。この連載コラムは、文章が比較的短いだけに佐藤の主張が如何に偽科学的な無理な論理展開がされていることがよくわかる。

2008年2月 6日 (水)

続X10 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 

その後まったく情報がなかった佐藤優、安田好弘弁護士と『インパクション』編集部との話し合いの内容が金光翔氏のブログ書き込まれた。

「佐藤優・安田好弘弁護士・『インパクション』編集長による会合の内容について」http://watashinim.exblog.jp/7176381/

ブログによると、『インパクション』編集部と佐藤優・安田好弘弁護士との話し合いは行なわれたのだが、内容については当事者であるはずの金光翔氏にはほとんど知らされなかったらしい。それは会合の内容を公開することで、佐藤優・安田弁護士から言いがかりを付けられるのを恐れてビビってしまった(なんせ、母親を殺した後、死姦した行為を母親のように甘えてしまった為にやった行為とか、復活の儀式、母胎回帰などと常軌を逸した主張をもって犯意無しの傷害致死と主張する弁護士だからね)のかと思いきや、実は『インパクション』編集長自身も死刑反対派として常連執筆者である安田弁護士を通して佐藤優に懐柔されてしまっていたらしい。(それじゃ今後『インパクション』は、天皇制護持、親イスラエルの佐藤とうまくやっていく気らしい(嘲笑))まぁこの節操のなさこそが日本の言論界の特性であって、金氏が批判するところなのだが、論文掲載誌がこのざまじゃ日本の知性が疑われる(笑)

以下は、金氏のブログから抜粋、

----------
さて、『インパクション』関係者によれば、会合内容は、以下のとおりである。

1. 佐藤が週刊新潮の記事で、金の論文について、「私が言ってもいないことを、さも私の主張のように書くなど滅茶苦茶な内容です。言論を超えた私個人への攻撃であり、絶対に許せません」と言っているが、ここで佐藤が「私が言ってもいないこと」として挙げているものの一つは、<佐藤の言う「人民戦線」とは、在日朝鮮人を排除した「国民戦線」のことだ>(佐藤は、「在日朝鮮人」ではなく、「朝鮮総連」と言っていたかもしれない)という、金の主張を指している(他の部分について、具体的な指摘があったかは分からない)。

2. 深田氏が、週刊新潮の金に関する記事はよくないと言ったところ、佐藤は、週刊新潮の記者(私に関する記事の筆者)は、何かあると相談する関係であり、今回は、佐藤が悩んでいることをいつものように相談したところ、週刊新潮側が独断で記事にすることにし、記事になったものだと答えた。佐藤は、記事での佐藤の発言には責任を負うが、記事自体には責任は負えないと主張している。

3. 佐藤は、金の論文への反論記事を書くつもりがない、と言っている。

4. 佐藤は、金の論文において、岩波書店の内部情報が使われたことも問題だと主張している。

5. 佐藤は、金の論文において、『金曜日』編集長のメールが使われたこと(多分、片山貴夫氏のブログの記述の引用)も問題だと主張している。

6. 佐藤は、金の論文への反論ではなく、インパクションに自分の別の論文を投稿したいと述べている。これに対して、深田氏は、掲載は編集委員との相談で決めることだと答えた。

----------


これはヘンだ。こんな他愛もない言いがかりを主張するためにわざわざ編集部に乗り込んでくるだろうか?う~ん。かといって彼らとて何かできるわけもないし。
ちょっとノイローゼ気味の奴のやり方からすれば、『世界』、『週刊金曜日』に続いて『インパクション』にも安田弁護士と同様に常連執筆者になって佐藤に批判的な記事が載せられない関係にしようと思ったのだろう。
たしかに、佐藤に都合の悪い(反論もできない)「<佐藤優現象>批判」を書いた金光翔氏はもはや佐藤の息のかかった論壇誌を中心とする出版メディアで論文を発表することはできないだろう。
まぁ、それで佐藤が心休まることができるかと言えば、そんなことはないだろう。しばらくは、偽善弁護士安田好弘にくっついて離れないのではないのか。

天皇制護持の為に護憲を主張する佐藤優と死刑回避の為には被害者感情を逆撫でする安田好弘弁護士という、まさに倒錯コンビがリベラル左派のアイドルとは、末期的な病状ですな(嘲笑)

2008年2月 4日 (月)

イスラエルはガザの封鎖をやめろ

イスラエルによるガザ封鎖の悲惨な現状をニュースでみるにつけ憤りをおぼえる

エジプト、ガザとの境界閉鎖 11日間の買い出し終了

2008年02月03日19時30分

 パレスチナ自治区ガザ南部のラファとエジプトの境界が3日、閉鎖された。先月23日にガザの武装勢力が境界の壁を爆破して封鎖に穴を開け、物資不足に苦しむガザ住民のエジプト側への買い出しが続いたが、11日間で終了となった。

 現場ではエジプト当局が唯一開けていた出入り口を有刺鉄線で閉め、集まったガザ住民とにらみ合いが続いた。ガザを支配するイスラム過激派ハマスはエジプト側に協力して住民をガザ側に戻し、大きな混乱は起きなかった。

 先月23日からエジプトに約40キロ入ったシナイ半島北部のアリーシュで親類宅に泊まっていたという大学生ユセフ・アブサダさん(22)は、母サミーラ さん(53)とともにガザへ帰ってきた。「昨夜のテレビニュースで閉鎖を知り、あわてて来た。閉鎖が長引けば生活が心配だ」

 ハマスの強硬派幹部アッザハール氏は2日、今後はハマスとエジプトが協力して境界を管理し、改めて人や物の出入りを認める方針を表明したが、具体策は明らかにしていない。

 

朝日新聞(電子版)より

ハマスとエジプトの間では何らかの合意があるのだろう。ガザ市民に物資の流通が再開されることを願う。

AML ”ガザの封鎖を解いて”

・・・
イスラエルの封鎖によって亡くなった者を考えれば、ユーセフはまだましと言う べきだろう。イスラエルがボーダーを封鎖し、西岸地区やイスラエル、エジプト、 ヨルダンの病院に治療を受けにいくのを妨害した結果、先月以来、少なくとも 31人がガザで死亡している。 6月にハマスが政権を握ってから、イスラエルのボーダー封鎖が始まり、この 結果、パレスチナ人は事実上ガザから出ることができなくなった。続いて、 ガザへの商用物資の唯一の移入口であったカルニ検問所が閉鎖され、最も 基本的な食糧を除いて何も入ってこなくなった。加えて空と陸からのイスラエ ル軍の攻撃がある。昨年の10月、イスラエルがガザを「敵対的な存在」であ ると宣言した時に比べても、パレスチナ人にとって状況はさらにさらに厳しく なっている。そして、国際社会は、この宣言によってイスラエルがボーダー 封鎖政策を正当化するのを許容しつづけているのだ。
・・・

AMLの続き

temprafeetさん

----------
↓の日記を見たら、佐藤は、金氏からの批判を、「マイノリティ集団の特権的な
位置からの言説」と決めつけようとしているようですね。こう決めつけてしまえ
ば佐藤は反論しなくて済みます。あの論文に佐藤が反論するのは無理でしょう。
http://blogs.dion.ne.jp/phaenomenologie/archives/6709331.html

「<佐藤優現象>批判をできたのは金氏が在日朝鮮人だから」ということになっ
てしまうと、こういう佐藤の手口に足元をすくわれる可能性があると思います。
----------
そのとおりですね。

問題は、佐藤優氏にしても梶原氏にしても論文著者が在日であることをことさら重視して、「他人(外国人)」からの(日本への)批判と決めつけているところにあるのです。
この論文が注目されたのは、週刊新潮により著者が岩波書店の雑誌『世界』の元編集員だと批判記事に書かれたことからなのです。
この論文が画期的なのは著者がリベラル左派の身内からの問題提起だということです。(余計ですが、在日というところよりむしろ、元『世界』編集員というところに注目すべきなのです。)

佐藤氏が論文著者を他者として切り離すのは理解できますが、なぜ梶原氏が身内であるはずの在日リベラリストを「在日外国人(=他者)」として切り離して評価してしまったのでしょうか。
----------
わたしの見方は、在日外国人のこのような批判は、いわば「炭
坑のなかのカナリヤ」のように、日本の危機に敏感に反応した
悲鳴です。

日本の知識人はこの批判を警告として真剣に受け止める必要が
あります。
----------

梶原氏は論文の主張を正確に評価するよりも、「在日朝鮮人」からの痛烈な「警告」であるという側面を評価してしまったというところで、「在日朝鮮人」は日本社会の構成員ではないとみているのではないのかと感じたのです。(私は、出自や国籍がどうであれ日本で生活基盤をもって暮らしている人たちを日本市民=日本人とみています。)
「在日外国人のこのような批判は、いわば炭坑の中のカナリア・・・」という例えは、梶原氏の認識を率直に表現していると思います。
もちろん、私は梶原氏が佐藤や週刊新潮などと同じ差別主義者だと言っているわけではありません。むしろ日本の良心といえるすばらしい活動をしている人物だと思っています。

----------
「<佐藤優現象>への批判は、日本人でもできるはずでもできるはずだし、本来
日本人の方が率先してやるべきである」という認識・・・
----------
それは、どうでしょう。私は違う解釈をしました。もちろん、著者はそうおもっているかもしれませんが。

私は皆さんと違って専門的なことは何も知らない人間ですが、政治のテーマを扱った掲示板でど素人ながら議論をすることも多く、その際参考にさせてもらうのが、ほとんど在日韓国朝鮮人の方々からの知識なのです。例えば、半月城さんやカンサンジュン氏などです。
ですから、私は日本のリベラル左派の中核を担っているのは、在日朝鮮人なのではないかと思っています。そうでないとしたら、いずれそうなると確信しています。少なくとも私の認識では金光翔氏は在日外国人ではなく、日本のリベラル左派の論客と言うべきなのです。ですから、「在日が」、「日本人が」などというのはまったく馬鹿げていると思いますね。

2008年2月 1日 (金)

AML:<佐藤優現象>批判について

ちょっとしたことを批判したら、思っていた以上にレベルの低い反論を受けた。
AMLは、反射神経で反論する人が多いのでこの話題を持ち込まなかったのだが・・

----------

[AML 18016] Re:  金光翔(キム・ガンサン)さんの論文「<佐藤優 現象>批判」について

electric_heelです。

金光翔氏の画期的な論文『<佐藤優現象>批判』の論旨は、右翼・排外主義から
リベラル・左派のメディアまで重用される佐藤優氏の言説の矛盾を論拠に、佐藤
優を触媒として、右派にすりよる<佐藤優現象>の仕組みを暴き、翼賛体制にな
だれ込むリベラル左派を批判している。

ここに金光翔氏が在日外国人であるなどということは、論文の主旨とはほとんど
関係がない。ましてや、論文が在日外国人からの警告などではまったくない。

たしかに、在日”韓国”人の彼が論文の中で在日朝鮮人の立場と北朝鮮と日本の
関係に多くのページを割いているのだが、それはあくまで批判の切っ掛けである
佐藤優氏の発言・主張の矛盾の根拠として取り上げたものだ。在日だからこそこ
の点に注目したのは間違いないが、この論文はそれを言いたいわけではない。

『<佐藤優現象>批判』の論評で金光翔氏の国籍に注目したいとするのは、週刊
新潮などの右派と裏表の関係で、内容よりも在日であることに注目したのは、擁
護するか・排除するかの立場の違いはあっても在日は日本人を批判する補助的な
存在でしかないという心理が働いていたのではないだろうか。

佐藤優のようなものになんの違和感も感じず共感さえ持ってしまう、日本の言論
界の無能さでは、理解できないのも仕方のないことだろう。

原理原則を捨てて変質していく日本のリベラル左派を救いリードすることができ
るのは金光翔氏のような在日リベラル知識人だと思う。

http://list.jca.apc.org/public/aml/2008-February/017531.html

続X9 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼

金光翔氏の反論ブログで具体的に実態を暴いている。これは、かなり衝撃的な内容だ。考えてみれば、日本のメディアは元々談合体質なのだ。

「談合」としての<佐藤優現象>

この論壇タブーを正面から妥協することなく批判する金光翔氏は、一人で日本の言論界を根本から覆してしまうかもしれない。


 

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ