最近のトラックバック

« AMLの続き | トップページ | 続X10 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼  »

2008年2月 4日 (月)

イスラエルはガザの封鎖をやめろ

イスラエルによるガザ封鎖の悲惨な現状をニュースでみるにつけ憤りをおぼえる

エジプト、ガザとの境界閉鎖 11日間の買い出し終了

2008年02月03日19時30分

 パレスチナ自治区ガザ南部のラファとエジプトの境界が3日、閉鎖された。先月23日にガザの武装勢力が境界の壁を爆破して封鎖に穴を開け、物資不足に苦しむガザ住民のエジプト側への買い出しが続いたが、11日間で終了となった。

 現場ではエジプト当局が唯一開けていた出入り口を有刺鉄線で閉め、集まったガザ住民とにらみ合いが続いた。ガザを支配するイスラム過激派ハマスはエジプト側に協力して住民をガザ側に戻し、大きな混乱は起きなかった。

 先月23日からエジプトに約40キロ入ったシナイ半島北部のアリーシュで親類宅に泊まっていたという大学生ユセフ・アブサダさん(22)は、母サミーラ さん(53)とともにガザへ帰ってきた。「昨夜のテレビニュースで閉鎖を知り、あわてて来た。閉鎖が長引けば生活が心配だ」

 ハマスの強硬派幹部アッザハール氏は2日、今後はハマスとエジプトが協力して境界を管理し、改めて人や物の出入りを認める方針を表明したが、具体策は明らかにしていない。

 

朝日新聞(電子版)より

ハマスとエジプトの間では何らかの合意があるのだろう。ガザ市民に物資の流通が再開されることを願う。

AML ”ガザの封鎖を解いて”

・・・
イスラエルの封鎖によって亡くなった者を考えれば、ユーセフはまだましと言う べきだろう。イスラエルがボーダーを封鎖し、西岸地区やイスラエル、エジプト、 ヨルダンの病院に治療を受けにいくのを妨害した結果、先月以来、少なくとも 31人がガザで死亡している。 6月にハマスが政権を握ってから、イスラエルのボーダー封鎖が始まり、この 結果、パレスチナ人は事実上ガザから出ることができなくなった。続いて、 ガザへの商用物資の唯一の移入口であったカルニ検問所が閉鎖され、最も 基本的な食糧を除いて何も入ってこなくなった。加えて空と陸からのイスラエ ル軍の攻撃がある。昨年の10月、イスラエルがガザを「敵対的な存在」であ ると宣言した時に比べても、パレスチナ人にとって状況はさらにさらに厳しく なっている。そして、国際社会は、この宣言によってイスラエルがボーダー 封鎖政策を正当化するのを許容しつづけているのだ。
・・・

« AMLの続き | トップページ | 続X10 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼  »

パレスチナ問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/10258551

この記事へのトラックバック一覧です: イスラエルはガザの封鎖をやめろ:

« AMLの続き | トップページ | 続X10 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼  »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ