最近のトラックバック

« 「日本支配、良い面も」 | トップページ | ”FreeTibet”ってなんだ? »

2008年3月27日 (木)

チベット暴動-ダライ・ラマも制御できない暴走

チベットのことについて深く知っているわけではないので、その過去の複雑ないきさつは置いておく。

一連のニュースを見て想像すると、たしかに、ダライ・ラマ一派が北京オリンピックの直前に合わせて大規模デモを計画実行したのは間違いないだろう。暴動が発生する少し前からダライ・ラマ周辺にかなりの動きがあり国際ニュースにも露出する頻度が突然増していた。暴動は、このダライ・ラマ一派のデモが急進派の暴走から、若者や暴徒を巻き込み制御不能の暴動に発展してしまったのではないかと考える。
ダライ・ラマ自身も暴動になるのは想定外で、暴動に対して否定的な見解を表明している。彼は暴動が発展するなら、指導者の立場から降りるとまで言っている。


ダライ・ラマ、「チベット情勢悪化なら引退」

2008年03月18日 19:32 発信地:ダラムサラ/インド      

【3月18日 AFP】(3月18日 写真追加)チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は18日、亡命先のインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で記者会見し、今回の暴動によりチベット情勢が悪化すれば、引退するとの意向を表明した。

 ダライ・ラマは記者団に「(チベット情勢が)制御不能になれば、選択肢は完全な引退しかない」と語り、「事態は制御できる範囲を超えつつある」との認識を示した。

 同時に、中国統治下で暮らすチベット人に「あれこれ指導できる立場にはない」と述べた。

■チベット独立は「問題外」

 チベット独立については「問題外」との見方を示し、チベット人と中国人の共生を呼びかけた。

「われわれは中国人と良い関係を構築しなければならない」

「暴力は誤りだ。反中国的な感情を煽るべきではないし、中国人とは共生しなければならない」

 一方でダライ・ラマは、暴動を陰で操っているとの中国政府の主張は否定している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2362740/2752459

チベット暴動、ダライ・ラマが再び引退を示唆

2008年03月25日 21:04 発信地:ニューデリー/インド      

【3月25日 AFP】チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世は25日、中国内外でチベット人によるさらなる暴動が発生するようなら、亡命政府の指導者として引退するとの意向をあらためて示唆した。

 首都ニューデリー(New Delhi)で1週間にわたり行われる瞑想セミナーの席で語ったもの。ダライ・ラマは「暴力的デモが続くようであれば、わたしは引退する」と表明したうえで、「中国内外におけるチベット人の暴力行為に、断固反対する」と付け加えた。

 1959年からインド北部のダラムサラ(Dharamshala)で亡命政府を率いているダライ・ラマは前週にも、同様の意向を示している。(c)AFP

http://www.afpbb.com/article/politics/2369641/2774143

ここまで深刻に考えているのは、暴走してしまったデモの責任を感じていることもあるし、更にこの暴動が発展すれば取り返しのつかない民族間紛争や民族内紛争に発展するおそれがあるからだろう。何にもまして、この暴動がチベット人の為にならないからだろう。

亡命チベット人は、口々に「チベットの独立」を叫んでいるが、実はダライ・ラマはすでに独立を望んでいないと主張している。

ダライ・ラマの「中道主義」、チベット人強硬派は非難

2008年03月18日 16:40 発信地:ダラムサラ/インド      

【3月18日 AFP】中国チベット(Tibet)自治区のラサ(Lhasa)で起きた騒乱を機に、チベット人強硬派の間から最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世(72)が主張する非暴力主義を否定する声が上がり始めている。

 ダライ・ラマは16日、中国のチベット統治を「恐怖による統治」、「文化的虐殺」などと評して非難したが、北京五輪については「良きホスト国となるよう心がけるべきだ」と諭すのみで、ボイコットは呼びかけなかった。

■「中道」貫くダライ・ラマに不満も

 しかし、チベット独立を主張する「チベット青年会議(Tibetan Youth Congress、TYC)」は、こうしたダライ・ラマの姿勢を公然と批判し、チベット独立を求める抗議活動を継続すると主張した。

 TYCを主導するツェワン・リグジン(Tsewang Rigzin)氏は、亡命政府がおかれたインド北部ダラムサラ(Dharamshala)で記者会見し、「チベット自治区で人権侵害を続ける中国に五輪開催の資格はない」と中国を糾弾。

 さらに、1959年のチベット動乱でダライ・ラマがインドに亡命して半世紀が経過し、非暴力による自治獲得を目指したダライ・ラマの「中道」主義はチベット人民の考えと乖離(かいり)しているとして、ダライ・ラマをも批判した。

 中国政府と6年にわたって和平交渉を続けながら、根本的な主張の溝は埋まらず何の成果もみられないことから、特に若い世代を中心に非暴力主義への不満が高まっており、亡命政府は「中道」路線を見直し独立を求めていくべきだと、リグジン氏は主張する。

■亡命政府はダライ・ラマ支持

 ダライ・ラマは、中国はチベット独立を決して容認しないとの考えから、「中道」路線による自治獲得が最も現実的だと主張。16日の記者会見でも、「暴力に走ることは自殺行為だ」とチベット人らに自制を呼びかけている。

 サムドン・リンポチェ(Samdhong Rinpoche)亡命政府主席大臣も「非暴力に代わる方策は考えていない」とダライ・ラマに同調し、「チベットの人々が、安易に問題の解決を暴力に求めることはないと信じている」と述べた。

■若い世代には新指導者求める声も

 しかし、若い世代のチベット人らは、「中道」路線を貫いてきた結果、中国はチベット統治を続け、亡命チベット人の帰還もままならない状態が何ら変わっていないと不満を示し、ダラムサラに暮らす10万人の亡命チベット人の間からもダライ・ラマに代わる指導者を求める声が上がる可能性もある。

 ある亡命チベット人教師は、こうした状況について「われわれが求めるのは中国政府とダライ・ラマとの和平交渉だが、現在、起こっていることにダライ・ラマは関係ない。これはチベット人民自身による運動なのだ」と語った。(c)AFP/Nicolas Revise

http://www.afpbb.com/article/politics/2366616/2741596

だが、すでにチベット暴動はダライ・ラマの手を離れて過激化しているようだ。
中国は高度経済発展により、徐々に開放に向かい「西部大開発」によって青海チベット鉄道も通るようになった。北京オリンピックをきっかけに内政問題の解消と国際社会に開かれようとするときに、このチベット暴動はチベット自治区のチベット人が同和化されていくことへの焦りがあるのではないか?
西側メディアが流すような平和や人権とはもはや関係ない、亡命チベット強硬派と反中国活動家が民族紛争を仕掛けていると見るべきだろう。

オリンピックのボイコットは全くの間違いだ。オリンピックこそ理解と対話をもたらす絶好の場とするべき。これまで北京はオリンピックのためにあらゆる問題を解決しようと努力してきた。ボイコットはそれを無駄にし、国家、民族間の対立しか生まない。

どうも、このチベット人の暴動事件は、チベット急進派と西側反共メディアが欺瞞情報のキャッチボールをして中国の崩壊を狙って扇動しているようだ、その裏で操っているのは誰だ?

« 「日本支配、良い面も」 | トップページ | ”FreeTibet”ってなんだ? »

東アジア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/11864926

この記事へのトラックバック一覧です: チベット暴動-ダライ・ラマも制御できない暴走:

« 「日本支配、良い面も」 | トップページ | ”FreeTibet”ってなんだ? »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ