最近のトラックバック

« チベット暴動-ダライ・ラマも制御できない暴走 | トップページ | 光市母子強姦殺害裁判ー 口先だけの謝罪手紙 »

2008年4月10日 (木)

”FreeTibet”ってなんだ?

オリンピック直前のチベット自治区での僧侶の暴動から始まって、亡命チベット人を支援する激しい抗議行動が起こっている。しかし、彼らの要求は曖昧で感情的だ。

チベット自治区の僧侶らと、亡命チベット人は「チベットの独立」を主張しているが、ダライラマはこれを否定している。オリンピックの妨害活動にも否定的発言をしているにもかかわらず、最高指導者と崇拝するダライラマの発言をまったく誰一人として気にもとめないのは、まったく不思議だ。

ダライラマは、この暴動が広がるなら、指導的立場を降りると発言したが、降りる気配どころか、泥をかぶらない絶対有利の立場で最高の政治的チャンスをつかんだ。
ダライラマの発言は、自分を崇拝するチベット人が急進的行動をとることを諫めているようだが、一芝居打っているように思える。

亡命チベット人や自治区の僧侶らの主張する「チベットの独立」が国際的に同意されることは難しいだろう。それはダライラマさえ認めるところである。さらに急速に経済発展する中国でチベット自治区も経済が豊かになりチベットの人々も同化されつつある。ダライラマの年齢を考えるとチベット独立は現実に不可能になりつつあることから、ダライラマと亡命チベット人は最後の戦いを挑んだと言えるのであろう。
最終的な落としどころは、ダライラマの言う「チベットの高度な自治」。これが具体的にどういうものか判らないが、ダライラマが自治区の法王としての復権なのだろう。宗教と政治の指導者として制度的独立した自治区を目指しているのだろう。まぁ、これは言い方を変えただけで宗教国家として独立することと、何ら変わらないのだから中国が認めるわけがないだろうが、世間的にはインパクトがある。

彼らが独立を要求するのは当然だろう。外国人がそれをとやかくいうことはできない。
しかし、本音を隠して支援を受けようとするのは、いかがわしいやり方だと思う。人権活動家のナイーブさにつけ込んでいると突っ込みたくなる。

「フリーチベット」は、ダライラマのチベットがどんなチベットを目指しているのか考えてから主張すべきだと思う。

« チベット暴動-ダライ・ラマも制御できない暴走 | トップページ | 光市母子強姦殺害裁判ー 口先だけの謝罪手紙 »

東アジア」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。

チベットについて私の思うところでは、

(1)日本はじめ欧米の「フリーチベット」キャンペーンはチベットをダシにした右派による単なる反中攻撃

(2)ダライ・ラマの「高度な自治」要求は宗教権力・権威を笠に着た(自分の権力・権威が否定されること回避したうえでの)中国政府との政治的かけひき

(3)亡命チベット人の「フリーチベット」スローガンは民族的ルサンチマン

(4)中国政府の対応は領土拡張主義のツケ(ウイグルも同じ火種)

てなところで、感情的にいくらか共感できるのは(3)だけです。ダライ・ラマも所詮宗教権力にすぎず、中国政府も漢民族主義者にすぎず(すくなくともチベット人=チベット仏教を信仰する者からすれば)、最も同情すべきは一般のチベット人でしょう。それと、海外の亡命チベット人の中には民主主義帝国=アメリカのイデオロギー帰依者も多いので、これも胡散臭いです。
中国政府もダライ・ラマも批判されるべきですが、一般チベット人の「独立」「自治獲得」要求については、(それが将来いかなる「フリーチベット」を招聘するか――まやかしの自由と抑圧的宗教の横行だったとしても――にかかわらず)きちんと耳を傾けなくちゃかな、と考えますが、いかがでしょう。

こんにちは、往生際さん。

仕事の都合でレスが遅れてしまいました。
----------
一般チベット人の「独立」「自治獲得」要求については、(それが将来いかなる「フリーチベット」を招聘するか――まやかしの自由と抑圧的宗教の横行だったとしても――にかかわらず)きちんと耳を傾けなくちゃかな、と考えますが、いかがでしょう。
----------
まったくその通りだと思いますね。
私の勝手な考えでは、開放政策に転じた中国は、「共産主義」国としては、(まだ途上ですが)唯一成功した国家になると思います。いずれ中国が経済成長し、全ての民族がある程度の豊かさを享受することになれば、国民国家として民族統一は盤石になるでしょう。今はまだ、急激な民主化要求は過渡期の共和制国家には劇薬です。反共主義者と中国の大国の復活を喜ばない勢力は、この劇薬をもって共産党政権の破壊を狙っているのはまちがいありません。
ダライ・ラマについては、ますます胡散臭さを感じています。彼は自らの要求がなんであるかはっきりと言いません。彼の要求が前近代的な宗教国家の復活であるのなら、とんでもないいかさま師です。
往生際さんの言われるように、亡命チベット人や僧侶の主張だけが、マスコミで報じられるのはまったく間違いだと思いますね。

初めまして。最近は例の地震で少し落ち着いた感もあるチベット問題ですが、上手くやらないとかなり後々まで引きずるような気もします。例えば、中国に民主主義が無い事を問題視する意見も有りますが、仮に中国が不安定な中で民主化された場合には一応は少数民族との融合を目指し、それなりにそれを意識してはいる共産党政権とは違い、漢民族主体の圧倒的な「民意」とチベットが対立し、チェチェンのような事にも成りかねない。米国なんかでもネイティブなんかは政治的には「周辺化」されているという現実もあります。個人的には、中国は、政治には一切関わらずあくまで宗教的な象徴としての範囲内でのダライ氏を尊重する、その代わりダライラマは中国政府と協力する。その上で政府はチベット族のダライ氏への信仰を邪魔せず尊重する。しかし政治上の問題は共産党政府が管轄しチベット族と話し合うという形で上手くトレード出来ればいいなと考えているんですが、難しいでしょうね。

skywave1493さん、初めまして
ちと、出張先で酔っぱらってまして、判断力がだいぶ鈍くなっていますが、ご容赦を、(いつものことなのですが(^^;)

大変参考になるレスありがとうございます。
漢民族主体の「民意」というものが、あるとしても、それが国家を分裂する火だねと考える政府は解消するために全力を挙げるでしょうね。この点では共産党政権独裁ならできることなのです。現在の中国はアメリカ合衆国のような一つのネーションに国民がまとまる国家を創り上げることに必死なのです。
前のレスでは、国民がある程度豊かになれば不満は収まるだろうと書きましたが、実際のところ、僧侶などの宗教的な反対勢力は消えてなくなることはないでしょう。きっと彼らは最後まで抵抗し、彼らのテロに悩まされることがなくならないと思います。

----------
個人的には、中国は、政治には一切関わらずあくまで宗教的な象徴としての範囲内でのダライ氏を尊重する、その代わりダライラマは中国政府と協力する。その上で政府はチベット族のダライ氏への信仰を邪魔せず尊重する。しかし政治上の問題は共産党政府が管轄しチベット族と話し合うという形で上手くトレード出来ればいいなと考えているんですが、難しいでしょうね。
----------
全く同意です。
先に書いたように民族を超えた国民国家を成立させようと考える現中国政府は、それを望んでいると思いますね。
ダライ・ラマ氏側が(たぶん)その宗教的権威と共に政治・行政上の権威を要求していることが問題だと思います。

支離滅裂でごめんなさい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/20064724

この記事へのトラックバック一覧です: ”FreeTibet”ってなんだ?:

« チベット暴動-ダライ・ラマも制御できない暴走 | トップページ | 光市母子強姦殺害裁判ー 口先だけの謝罪手紙 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ