最近のトラックバック

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月25日 (金)

宮崎あおいの歴史認識に陰湿な嫌がらせ記事「週刊朝日」山岡三恵記者

金光翔氏の警告するマスメディアの翼賛化そして、国家主義にまるごと飛び込む傾向は末期段階に入った。

ちょっと前から何度か書こうと思っていたことがあるのだが、タイミングがなかった。今回勝手に応援している金光翔氏のブログ記事は良いきっかけになった。

『週刊朝日』見出し「いい加減にしろ! 韓国人」

昨日、『週刊朝日』の最新号(2008年8月1日号。7月22日売)の吊革広告を見て驚いた。「竹島問題 なんと80%が反日だと」という小見出しの後、以下の見出しがでかでかと書かれている。

ここまで直球だと、『諸君!』、『正論』、『Will』ほかの並みいる右翼雑誌をすっ飛ばして、<マンガ嫌韓流>(しかも初期の)である。「平和」や「人権」を口にするリベラル系のマスコミ業界人が、私的な場で平然と差別発言を行う光景は、これまで何度も見てきたから、『週刊朝日』編集部が人種差別に親和的な心性を共有していても別に驚かない。ただ、「リベラル」を標榜する朝日新聞系列のメディアが、こうした民族差別、レイシズムそのものの見出しにゴーサインを出したというのは、やはり一つの事件であろう。

http://watashinim.exblog.jp/8321299/

私も電車の中吊り広告を見てこの見出しを知っていた。だけど、驚かなかった。それは少し前に週刊朝日の極右記事を見たからだ。やはり中吊り広告の見出しを見て気になった記事をコンビニで立ち読みした。その記事は「ネット上で波紋を呼んでいる」とうわさ話を装っているが、明らかに「日本の過去に言及した歴史認識」に対する激しい敵意が込められていた。

『過去の「歴史教科書」発言を蒸し返された宮崎あおい』「週刊朝日」2008.5.9 

<日本が過去に戦争でやった悪いことでも「ちょっと人を殺しちゃった」みたいにわざと小さく書いたり、載せなかったって言うのを見て「それはキチンと載せなきゃいけないのにな」って、思っていたんです>
 これはアイドル誌「アップトゥボーイ」01年8月号に掲載されたコラム記事。発言主は現在、NHK大河ドラマ「篤姫」で主役を務める女優の宮崎あおい(22)である。
 当時15歳の”持論”は、さらに続く。
 <私も歴史の教科書はちゃんと読んでないだけど(笑)(中略)過去にした悪いことの説明が今教科書からなくなって、子供たちが知らないまま大人になったら、また同じ間違いをするかもしれないでしょ。
 だから日本がしたことを教えるならちゃんと最後まで全部教えて欲しいし、日本人だったら日本のことを知る権利はあるんだからこういうことは小学校のうちから教えるべきだと思います>(原文ママ)
 幕末の動乱期に毅然とした振る舞いで江戸城無血開城にこぎつけた「篤姫」を彷彿とさせる勇ましさ。
 だが、これがいまごろになってインターネット上で波紋を呼んでいる。
 発端は3月16日、東京都新宿区の路上で韓国籍の男性(32)が複数の男に襲われ、脳挫傷で死亡した事件。宮崎の夫で俳優の高岡蒼甫(26)は男性を慕い、自身のブログで「兄貴的存在」と呼んでいた。そこで再び注目を浴びたのが、06年に高岡のブログが閉鎖に追い込まれたこの発言だ。
 「個人的には、日本という国はあまり好きではない。韓国に対して、日本は卑劣なように思える。」
 先のコラム記事が出たとき、宮崎と高岡はすでに交際していた。このため、宮崎が「高岡の反日思想の影響を受けた」という憶測を呼んでいるのだ。
 本誌は宮崎の所属事務所に取材を申し込んだが、期限までに返答はなかった。
 昔の発言を蒸し返されるのも気の毒な話。とはいえ、宮崎がいま「歴史教科書問題」についてどう考えているのかは、ちょっと気になるものだ。
 本誌・山岡三恵

おかしな記事だ。「過去の「歴史教科書」発言を蒸し返された宮崎あおい」とタイトルにあるが、内容は言いがかりそのもの。そもそも発端の韓国籍の死亡事件男性と宮崎あおいはまったく関係がない。これでまともな記事と言えるのか。過去の発言が今、事件になっているなんてことも聞かない。いったい何を聞こうと宮崎の事務所に取材を申し込んだろうか。この記事でわかるのは、宮崎あおいの歴史認識を批判する記事を書くのが目的で、高岡蒼甫と死亡男性との関係を元に強引に飛躍させて作られた記事だと言うことだ。これは記事の名を借りた、嫌がらせだ。
”昔の発言を蒸し返されるのも気の毒な話。”と、週刊朝日の山岡三恵氏は書いているが、蒸し返されて気の毒というのは、過去の発言が彼女の「過ち」であるとネットで噂する者たちと同様に山岡記者が考えているからだろう。もっとも蒸し返されているのではなく、週刊朝日が蒸し返しているのだが。(笑)
”とはいえ、宮崎がいま「歴史教科書問題」についてどう考えているのかは、ちょっと気になるものだ。”
 おい、ちょっと待て。宮崎の歴史認識が変わっているか気にする前に、週刊朝日と山岡三恵記者の歴史認識・歴史教科書問題についてどう考えているのかはっきり立場を表明するべきだろう。問い合わせたら週刊朝日は返答してくれるのか? 

そういえば、マルコポーロ事件で文春の編集長を解任された花田紀凱を拾ったのが朝日新聞だったな。もうあの時からすでに腐っていたんだ(笑)

2008年7月15日 (火)

大日本帝国の犯罪 - 竹島

竹島を日本人が知ったのは、敗戦後になってから。
それもそのはず、明治政府は竹島をこっそり島根県に編入させたからだ。言うなれば、この島は、日本政府が韓国の目を盗んで猫ばばしたものだ。

戦後も米国の傀儡になって生き残った大日本帝国のウジ虫共が、野蛮な侵略国家の復権を狙い、政官メディアによってウソにウソを重ねてきた。この竹島もその一つだ。

歴史問題では日本政府は外と内を使い分けている。しかし、こんな操作が国際的に通用するはずがなく、いずれ国内向けのウソを自ら否定しなくてはならなくなる。

侵略国家の亡霊の復権が国内で成立しつつある。だが、行き着くところは、第二の敗戦だ。日本国民はもう一度敗戦する。

2008年7月13日 (日)

続X14 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼

「佐藤優現象」に対する批判が金光翔氏のブログで展開されていたとき、同じように佐藤優の発言に批判的に思っていた自分でさえそこまで言い切るのはどうかと思っていた。だが、彼の論文が雑誌に掲載された後すぐに週刊新潮が名もない金氏の個人攻撃記事を、彼の勤める岩波書店の社員の内部告発のような形にして掲載したことから、自分はこの言論暴力行為に対する怒りと共に彼の洞察が紛れもない真実であると確信した。

私にも話させて」の新しいエントリー『<佐藤優現象>に浸食される「言論・表現の自由」』では、右翼テロリズムが日常の言論風景に支配的な存在として許容され、それに対抗するはずのリベラル・左派が飼い慣らされることで生き延びようとしていることを、日本を代表する言論人と言われている佐藤の馬鹿げて野蛮な発言と、言論テロ雑誌である週刊新潮と佐藤による佐藤批判への言論封殺事件から解き明かしている。

金氏の主張は、極めて論理的でまったくスキがない。洞察は尋常じゃないほど鋭い。これが佐藤の間抜けな言説と比べると「月とすっぽん」知力の差は明らか。
まぁ、佐藤もそれを分かっているから、中吊り広告でテロをする「週刊新潮」にヒットマン役をやらしたのだろう。

まぁ、自分があ~だこ~だ言うより、痛快にアホウヨと仮面リベラルを叩き斬る金氏のエントリーを読んでみて欲しい。

もう一つ、

週刊金曜日 2008.07.11 『佐高信の「現代を読む」』

----------

・・・・

巻末で解説を書いている田中伸尚は、この「敗北」から何を継承するかを問う。

・・・

右翼の登場は言うまでもないが、新聞ジャーナリズムの「転向」が大きく影響しているというのである。

----------

佐高さん、それって「反省」の気持ちを込めて言ってるのですか?(笑)

2008年7月 2日 (水)

よく言った、デヴィ夫人

Yahoo!掲示板 「ふざけるな!拉致議連、救う会、家族会」でforever_omegatribさんから情報をいただきました。

見事な見識です。

デヴィ夫人のブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」のエントリーからの抜粋

「北朝鮮のテロ支援国家指定解除について」

・・・・

それを元官房副長官の安倍氏は、
国民の悲憤の涙をうまく利用し、5人の拉致被害者の方々を日本に留まらせ、

帰さないと言い張り、小泉首相を差し置いて

あたかもご自分が拉致被害者を連れ戻したかのように接し、

マスコミを煽り、またマスコミもそれに輪をかけたように書きたて、
安倍氏の国民的人気は波に乗り、一気に首相の座を得るまでになりました。
つい最近安倍氏は中山女史と某週刊誌で対談していましたが、
バカバカしくて読む気にもなりませんでした。
マスコミは日本人をして無知化したり、没脳したりするべきではありません。


拉致議連 及び 強行派の政治家(ここでは実名をあげませんが)は、
国民の人気を得るために拉致事件を利用し、
そして圧力と制裁を叫び続け、手を振り上げ続けています。


そもそも

国交に拉致事件を持ち込むことは間違いです。 次元が違います。
わたくしは、北朝鮮を訪れるたびになぜ、

日本は約束を守れないのか(国交正常化の事)と訊かれます。
小泉元首相はなぜ約束を守れなかったのか。
日本は首相が変わると前の首相の約束を反故にしてよいのかと。


一部の日本の政治家は拉致事件を取り上げて、

アメリカを揺さぶろうとしていますが、私の目には売名行為としか映りません。

どうしてKYな政治家ばかりなんでしょう。
外交辞令で拉致を「慮る」とか、「忘れない」とか言っていますが
アメリカは所詮第三者にしかすぎません。
アメリカにとって有難迷惑な話なのです。
ライス国務次官が断言しています。
「アメリカがテロ行為と見ているのはよど号事件であって、

拉致問題ではありません。」と。

・・・

http://ameblo.jp/dewisukarno/day-20080701.html

日本の専門家やジャーナリストがどれほど無能の存在なのか。人気商売のタレントであるデヴィ夫人の方が数百倍も見識と勇気を持っている。

でも、右翼からの嫌がらせがあるんじゃないかと心配だ。

攻撃するのは右翼だけとはかぎらないけどね。コンビニでたまたま週刊朝日を立ち読みしたら、女優の宮崎あおいが以前日本の過去の歴史について言及したことについて記者が「今もその歴史観を持っているのか聞きたい」みたいなことを嫌みたっぷりに書いていたね。あの週刊朝日の女性記者に歴史観を聞いてみたいよ。

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ