最近のトラックバック

« 続X14 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 | トップページ | 宮崎あおいの歴史認識に陰湿な嫌がらせ記事「週刊朝日」山岡三恵記者 »

2008年7月15日 (火)

大日本帝国の犯罪 - 竹島

竹島を日本人が知ったのは、敗戦後になってから。
それもそのはず、明治政府は竹島をこっそり島根県に編入させたからだ。言うなれば、この島は、日本政府が韓国の目を盗んで猫ばばしたものだ。

戦後も米国の傀儡になって生き残った大日本帝国のウジ虫共が、野蛮な侵略国家の復権を狙い、政官メディアによってウソにウソを重ねてきた。この竹島もその一つだ。

歴史問題では日本政府は外と内を使い分けている。しかし、こんな操作が国際的に通用するはずがなく、いずれ国内向けのウソを自ら否定しなくてはならなくなる。

侵略国家の亡霊の復権が国内で成立しつつある。だが、行き着くところは、第二の敗戦だ。日本国民はもう一度敗戦する。

« 続X14 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 | トップページ | 宮崎あおいの歴史認識に陰湿な嫌がらせ記事「週刊朝日」山岡三恵記者 »

日本帝国の国家犯罪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/22322323

この記事へのトラックバック一覧です: 大日本帝国の犯罪 - 竹島:

» 暗黒面に飲みこまれるな!! [多文化・多民族・多国籍社会で「人として」]
2008.7.25.02:30ころ 今日は、「<佐藤優現象>批判」の金光翔氏のブ [続きを読む]

« 続X14 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 | トップページ | 宮崎あおいの歴史認識に陰湿な嫌がらせ記事「週刊朝日」山岡三恵記者 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ