最近のトラックバック

« 週刊金曜日 疑似護憲論者佐藤優と土井たか子対談 | トップページ | 続X16 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 »

2008年11月16日 (日)

読み方注意!『福沢諭吉伝説』 - 恥を知れ!佐高信 -

 週刊金曜日発行人である佐高信によるアジア民族蔑視の差別主義者・領土拡張帝国主義者・天皇賛美者である福沢諭吉の美化本である。
この本は同じ慶応大学同窓の”産経新聞”社長に勧められて書いたものだと後書きで書いている。評価が揺らぐ福沢諭吉について右派メディアのリーダーの依頼は、それなりの期待があって当然だろう。佐高のデタラメさを見抜いてのことだ。

それにしてもこれほどトチ狂った本があるだろうか。戦争責任を追及し民族差別に反対し、反植民地主義を謳う雑誌の発行人が、市民活動家でもある研究者から、天皇忠義を説き、アジアの民族を蔑視したうえに侵略主義を煽った張本人と批判されている歴史上の人物を、トンデモ説に従って美化、礼賛をするとは。

 戦後の福沢諭吉の評価は、「近代日本最大の啓蒙思想家であり、近代日本の民主主義の先駆者」である。ところが、安川寿之輔の研究によれば、この”典型的な市民的自由主義者”像は、丸山眞男の思いこみによる『福沢諭吉全集』の恣意的な引用で創り出された虚構の「丸山諭吉」像なのである。、実際の福沢諭吉は、帝国主義者であり、領土拡張主義から隣国の民族を蔑視し、偏見を植え付け、天皇に対する忠義を説いていたことが厳格な検証により明らかにされている。(『福沢諭吉のアジア認識』、『福沢諭吉と丸山眞男』)

 安川に崩された”丸山諭吉像”=”典型的市民的自由主義者”を回復・さらに美化しようとしたのが平山洋の『福沢諭吉の真実』である。平山の論は市民的自由主義者で"あるはず"の福沢諭吉に相応しくない民族蔑視、領土拡張主義、天皇賛美などの発言は、全て石河幹明記者によるものだと区別するのである。しかし、時事新報の論説の多くに福沢諭吉の関与がないばかりか、弟子である石河によって福沢と全く逆の主張が福沢の目を盗んで展開されると言うことがありえるのだろうか。平山の石河陰謀説に対し安川は『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』で平山らの”福沢諭吉美化論”のデタラメを批判している。平山の検証は、予断による推論の積み重ねであり、説得力のある合理的論拠というものをほとんど提示していない。筆者鑑定を根拠としているのだが、これも福沢の関与がないことを証明できぬまま、都合の悪い論説を全て石河幹明の偽装やねつ造によるものと決めつけている。 結局、平山は福沢諭吉が”市民的自由主義者”であるという予断の基で区別しているに過ぎない。

 佐高の『福沢諭吉伝説』では「脱亜論」の真実に迫るとして、最終章では福沢諭吉が金玉均を全面支援したことで、”脱亜論”の正当化をしている。福沢諭吉は朝鮮を天皇を戴く日本の支配下に置くために、反体制派の金玉均を支援して傀儡にしようと利用しただけであることは、バカでもわかる。そんなこともわからないのは、何も考えもなく平山の主張を鵜呑みにしているからだ。


福沢は一貫して金玉均ら朝鮮の「開化派」の支持を続けたように理解されているが、朝鮮王宮の武力占領によって閔妃政権に代わる大院君を執政とする親日政権が樹立されたときは、彼が指導・支持した「開化派」に敵対するこの「守旧派」の首領の側に福沢は立った。つまり福沢は、親日政権の樹立と朝鮮支配のためなら、悪魔とも手をつなぐ政治家に変貌しており、そういう自信の転身にあわせて、「開化派」に対しても、いつのまにか「かの開化党と称する新進の官吏輩の如き、・・・素より一個の見識あるに非ざれば、決して朋友として頼む可きものに非ず。」(「井上伯の渡韓・・・」『全集』14 601)という見事な評価替えをすませていた。」(『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』P.278)

佐高の『福沢諭吉伝説』はそんな平山の主張を無批判に全面的に依拠し、事実は大ボラふきの変節漢である福沢諭吉を”平熱の思想家”などと讃えている。
戦争責任を追及し、日本の歴史認識を正す側にいるはずの佐高が、身びいきな歴史修正主義にまわり、アジア民衆の敵を無邪気に(?)擁護する側にまわったことの裏切りに怒りを感じる。

安川は『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』の中で、


 他の記者が起草して福沢の関与の少ない論説を『福沢諭吉全集』に収載していいのかという疑問自体は、意表を突く問題提起であり、井田進也の場合は、その論文が『思想』という日本の代表的な学術雑誌に掲載されたという事情もあり、多くの波紋と肯定的な評価をもたらした。

後述するように、新たな福沢諭吉美化論、偶像化論にすぎない二人の研究にマスコミが飛びついたのは、日本のマスコミが今なお「丸山諭吉」神話の支配下にあって、その福沢諭吉理解の水準が、次の(3)で後述するように、保守的な政治家の佐藤栄作元首相以下のお粗末な水準にあるからである。さらに問題を広げるなら、現代日本の国際問題になっている小泉首相の靖国神社参拝強行に象徴されるような、戦後日本の社会がアジア太平洋戦争の戦争責任を未決済のまま、いまなお直視できていないという歴史意識の問題に帰着するのである。

 平山の『福沢諭吉の真実』がマスコミに受け入れられるのは、福沢諭吉の実像が野蛮なアジア侵略者としての日本の姿とダイレクトに結びつくからで、それを認めたくないからだろう。帝国ナショナリズムが染みついたマスコミには、この幼稚なトンデモ論の方が都合がいいのだ。


 なお、(16)のインタビュー中の発言で、平山は「安川さんは過激派ですけれど、それに似たような考え方をする人たちはずいぶんいて、大阪大学の子安宣邦さん(『「アジア」はどう語られてきたか』藤原書店の著者)なんかにも流れ込んでいます。」と、公安調査庁の身元調査のようなことを語っている。つまり平山が、こういうことを発言することに意味があると考える類の「研究者」であることは、付記しておきたい

福沢諭吉神話を守るため、とても学術的とは言えない乱暴な論を立て、新書(文春新書)でばらまくなりふり構わないやり方をする彼の目的がなにかがよくわかる。佐藤優や平山洋が右派メディアでもてはやされ、左派・リベラルがそれに追従する絶望的状況だ。

『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』のあとがきで

「作家」が、最大限に想像力をめぐらして、「近代日本の黎明に燦然と輝く巨星!」の「渾身の大河小説」と称する岳真也『福沢諭吉』青春篇、白秋篇(作品社)を創作するのは自由である(平山洋『福沢の真実』はその想像力の飛翔に大いに貢献)。しかし、「歴史離れをするにはあまりに謙虚」であるべき思想史研究者が、厳密な「史料的考証」を怠り、「丸山諭吉」研究の恣意や作為の拡大再生産を行い、また政治家の佐藤栄作元首相以下の福沢諭吉理解の水準にあるマスコミが、その誤謬の「成果」称賛の大合唱をするのは、もういい加減にしてほしい!という強い思いがあって、またまた福沢諭吉研究のまわり道をしてしまった。

佐高の『福沢諭吉伝説』は、この小説と平山洋の『福沢諭吉の真実』をベースに書いたものだろう。神話作りに荷担した罪は重い。

私は、これまでネット掲示板に参加してきて、ネットウヨ、嫌韓流の源流は”福沢諭吉”だと思っている。福沢諭吉の虚像を打ち壊さなければ、日本人に染みついたアジア民族蔑視意識はなくならないと考えている。そういう意味で佐高の福沢諭吉美化は今後彼をネットウヨ同類の敵とみなすことにした。

日本の論壇、マスコミに<佐藤優現象>が席巻し、『福沢諭吉の真実』が賞賛をもって受け止められている。逆に金光翔『<佐藤優現象>批判』と安川寿之輔『福沢諭吉のアジア認識』の成果にそっぽを向けていることに日本の論壇と言論メディアの無能さが示されている。

ちなみに『週刊金曜日』(330号 2000年9月)に安川寿之輔「福沢諭吉を透かしてみれば」という論稿を掲載している。福沢諭吉がアジアの市民からどう見られているのか知らぬはずはない。佐高はそれでも福沢諭吉を”平熱の思想家”と与太をかますつもりなのか。

たしかに佐高も福沢諭吉も言った言葉にこれっぽっちも責任を持たない鉄面皮で知られている。これが”平熱”ということなのか。


追記:

実際のところ、世間的には福沢諭吉=丸山諭吉像である自由主義者、啓蒙思想家という神話が定説として受け入れられている。その上、安川らの”丸山諭吉”神話批判が一般に知られる以前に、その批判をかわす平山の『福沢諭吉の真実』が安価で手に入れやすい一般新書として広く出回っている。たぶん、ほとんどの人は安川寿之輔の福沢諭吉研究そのものを知らないか、『福沢諭吉の真実』でしか知らないのではないのか。日本の歴史認識問題の構図そのものだ。日本の歴史研究の欠陥と言えるのじゃないのか。

興味があれば、安川寿之輔『福沢諭吉のアジア認識』を読んでほしい。

福沢諭吉のアジア認識―日本近代史像をとらえ返す 福沢諭吉のアジア認識―日本近代史像をとらえ返す

著者:安川 寿之輔
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する


福沢諭吉と丸山眞男―「丸山諭吉」神話を解体する 福沢諭吉と丸山眞男―「丸山諭吉」神話を解体する

著者:安川 寿之輔
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

福沢諭吉の戦争論と天皇制論―新たな福沢美化論を批判する 福沢諭吉の戦争論と天皇制論―新たな福沢美化論を批判する

著者:安川 寿之輔
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する


« 週刊金曜日 疑似護憲論者佐藤優と土井たか子対談 | トップページ | 続X16 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 »

日本帝国の国家犯罪」カテゴリの記事

コメント

人間的にも、学者としても、四流の安川にいかれている。

 『福沢諭吉の真実』の作者です。本エントリにて拙著にお触れくださり、大変感謝いたします。
 前著において私は福沢を美化したつもりなど毛頭なく、ただ、現行版の『福沢諭吉全集』は、編纂者石河幹明が執筆した論説が多数含まれている、ということを指摘しただけです。
 それから、本エントリで、私の、「安川さんは、過激派ですけれど…」という発言を引用されていますが、その点につきましては、「『福沢諭吉の戦争論と天皇制論』の逐語的註」の当該部をご覧いただければ幸いです。すなわち、「これは学問方法について言っている。服部之総の研究を過激派と呼んだのに続けて、服部の後継者としての安川のありかたをそう皮肉っただけである。政治的過激派のことなどまったく念頭にはなかった。できればインタビュー記事全体を通読してほしい」、に尽くされています。
 政治的過激派の意味について誤解された安川氏が、過去に何をなさっていたのか、私はまったく存じません。私の発言への誤解については、安川氏のほうに心当たりがあるのかもしれません。
 私の福沢評価につきましては、新著『福澤諭吉ー文明の政治には六つの要訣あり』(ミネルヴァ書房刊)に書きましたので、ぜひご一読ください。

平山先生、わずかな人しか立ち寄らない無名の当ブログにようこそ。
見ての通り、コメントする方もほとんどいない寂しいブログですので、どうせ見ちゃいないだろうと罵詈雑言を浴びせまくっていますが、その相手からコメントいただくとはちょっと鼻が高いような気分です。

さて、

>前著において私は福沢を美化したつもりなど毛頭なく、ただ、現行版の『福沢諭吉全集』は、編纂者石河幹明が執筆した論説が多数含まれている、ということを指摘しただけです。

それは当然でしょうね。先生自ら「美化しました」とは言いませんよね。(笑)
先生の著書『福沢諭吉の真実』の「はじめに」の中で、
----------
残された論説はもっぱら福沢批判者が、彼をおとしめる材料を探すために読んできたと言ってよい。
----------
私は福沢批判者を支持している者ですが、福沢批判者は福沢諭吉をおとしめるつもりなど毛頭ないと思いますよ。
そういうことです。

>すなわち、「これは学問方法について言っている。服部之総の研究を過激派と呼んだのに続けて、服部の後継者としての安川のありかたをそう皮肉っただけである。政治的過激派のことなどまったく念頭にはなかった。できればインタビュー記事全体を通読してほしい」、に尽くされています。

簡単に読みました。先生は政治的過激派のことなどまったく念頭にないとおっしゃりますが、それは服部氏や安川氏を過激派だと言っていないだけで、スタイルや手法を政治的過激派に二重写しのニュアンスを持って語っていますよね。ちがいますか?私は最初からそう受け取っていますが。

> 政治的過激派の意味について誤解された安川氏が、過去に何をなさっていたのか、私はまったく存じません。私の発言への誤解については、安川氏のほうに心当たりがあるのかもしれません。

安川氏が誤解したかどうかというより、平山先生が誤解されるような言葉を使ったことがうかつだったんではありませんか?実際、平山先生はご自分の誤解を招くような失言にピリピリしているのではないのですか?こんな無名のブログに登場するんですから。
まぁ、発言に気をつけなければいけませんよね。って言える立場じゃありませんね。(^_^;)

> 私の福沢評価につきましては、新著『福澤諭吉ー文明の政治には六つの要訣あり』(ミネルヴァ書房刊)に書きましたので、ぜひご一読ください。

わざわざ、こんな寂しいブログにコメントをいただいたので、機会があれば読んでみます。

『福沢諭吉の真実』って、陰謀論としては面白い方だと思います。

 

私も、佐高氏の「福沢諭吉伝説」を購入し、読んで、仰天しました。
私は「週刊金曜日」の創刊時からの継続読者です。
佐高氏は石原慎太郎との対談の時にも、まるで、日頃言っていることに似合わない無様な姿をさらし、落胆しましたが、この本を読んで、彼の真の姿が分かったと思いました。
彼は、確固たる思想のない、単なる売文業者でした。
私は、安川寿之助氏の福沢諭吉に関する本も、平山洋氏の本も、平山氏が大いに援用した井田進也氏の「歴史とテクスト」も全て読みました。
福沢諭吉全集も、石河幹明の「福沢諭吉伝」も読みました。
結果として、安川寿之助氏は厳しすぎるが、福沢諭吉に対する、批判は正しいと思います。
ただ、氏は「福沢諭吉の戦争論と天皇制論」の最後に、古田武彦氏の「真実の東北王朝」に書かれた「東日流三郡史(そとつがるさんぐんし)」を援用していますが、その「東日流三郡史」は現在、99パーセント偽書と認定されています。
どうして、安川寿之助氏ともあろう人が、そんな偽書に引っかかったのか、それだけが残念です。

平山洋氏は、福沢諭吉全集も、石河幹明の「福沢諭吉伝」も全く読んでいないと思われます。
石河幹明の「福沢諭吉伝」を読めば、平山氏が「福沢諭吉の真実」の中で、石河幹明を大悪人のように言っていることが飛んでもない作り話であることがよく分かります。
石河幹明は福沢諭吉を神様のように崇拝しています。
平山洋氏の描いた異常な悪人の姿は石河幹明の本を数ページ読めば、飛んでもないことだと分かります。
それに、平山洋氏は「福沢諭吉の真実」の中で、嘘を書いています。
その嘘が余りに多いので、ここには書き尽くせませんが、最大の嘘は、福沢諭吉が最初の脳溢血を起こした後まるで廢人のようになってしまって、何も書いたりしゃべったり出来ない失語症だったと書いていることです。
石河幹明の「福沢諭吉伝」には、最初の脳溢血のあと、驚くほど早く回復して、様々な揮毫を残したことがその写真入りで示されています。
見事な筆跡で、とても廢人同様だった人間に書ける字ではありません。
「慶應義塾修身要領」に、天皇崇拝の文章を付け加えたり、婦人問題についての文を書いたり、園遊会を催して大勢の客をもてなしたりしています。

残念ながら、安川寿之助氏の本は、まるで一般に読まれていないようです。
私の周囲には慶応大学出身者が多いのですが、その中で、誰一人まともに福沢諭吉の書いた者を読んだことのある人間がいません。
福沢諭吉をきちんと批判することが、今日本人にとって、大事なことなのではないでしょうか。
日本を1945年の破滅に導いたのは、福沢諭吉だと私は考えています。

正義の悪漢さん、コメントありがとうございます。
留守にしていて大変遅レスになってしまい申し訳ありません。

----------
佐高氏は石原慎太郎との対談の時にも、まるで、日頃言っていることに似合わない無様な姿をさらし、落胆しましたが、この本を読んで、彼の真の姿が分かったと思いました。
彼は、確固たる思想のない、単なる売文業者でした。
----------
佐高はTVのワイドショーでスポンサーと視聴者の顔色をうかがいながら、ちょこっと反骨風を装うコメントタレント役が相応しいですね。
佐高が『筆頭両断』したところを見たり、読んだりしたことない。(笑)

----------
ただ、氏は「福沢諭吉の戦争論と天皇制論」の最後に、古田武彦氏の「真実の東北王朝」に書かれた「東日流三郡史(そとつがるさんぐんし)」を援用していますが、その「東日流三郡史」は現在、99パーセント偽書と認定されています。
どうして、安川寿之助氏ともあろう人が、そんな偽書に引っかかったのか、それだけが残念です。
----------
知っているでしょうが、安川氏は福沢が「東日流三郡史」から盗作したとする古川武彦説への支持を撤回していますね。( http://blechmusik.xrea.jp/d/hirayama/h42/ )
「独立宣言」から拝借したのであろうがなかろうが、「東日流三郡史」から盗作したのであろうがなかろうが、これが福沢の思想とはまったく相反する「借り物」であることが変わるわけではないですから、日本で「丸山諭吉」否定論がほとんどない中で、古川武彦説支持というつい勇み足か筆が滑ったかしたけど撤回すればそれで問題ないと思います。

----------
石河幹明の「福沢諭吉伝」を読めば、平山氏が「福沢諭吉の真実」の中で、石河幹明を大悪人のように言っていることが飛んでもない作り話であることがよく分かります。
----------
平山氏の論は、かなり突拍子もない仮説であって、学術的とはとても言えない杜撰なものだと私も思います。安川氏の精緻で詳細な検証とは対極的と言えるものです。

----------
福沢諭吉をきちんと批判することが、今日本人にとって、大事なことなのではないでしょうか。
日本を1945年の破滅に導いたのは、福沢諭吉だと私は考えています。
----------
まったく同意です。
福沢諭吉は日本人のメンタリティーを象徴しています。

私はいつも明治に創られた「日本人」を否定することができるかが問題だと考えています。

コメント本当にありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

最近の福沢諭吉賛美の風潮は、中国の反日ナショナリズム(2005年の反日暴動はその象徴) に挑発される形で高まっているのではないのでしょうか。

「愛国者」諸君は、「脱亜論」を引き合いに出して、「頑迷固陋な支那朝鮮」と「開明的な日本」という自己満足的な図式に浸りたいのでしょうが、そこには恐ろしい落とし穴が口をあけていることに気がついていないようです。

福沢は日清戦争を「文明化」を名目に正当化した。

ならば、現在の中国によるチベットやウィグル等、少数民族への支配も「文明化」を錦の御旗にして推し進められていることをどう捉えるのか?

「愛国者」諸君はこれに随分批判的なようですが、「近代化=植民地化=善」の位置に立つ以上、当然彼らは中国の少数民族政策も肯定しなければならないでしょう。

「日本がやるならいいけど、中国がやるのはダメ」というのは御都合主義でしかない。

彼らは「愛国無罪」を叫ぶ「憤青」たちと同じレベルなのです。

蓬莱人さん、こんばんは、
留守にしていて、レスが遅れたことお詫びします。

>最近の福沢諭吉賛美の風潮は、中国の反日ナショナリズム(2005年の反日暴動はその象徴) に挑発される形で高まっているのではないのでしょうか。

私は、メディアで語られている2005年の反日暴動以来の中国の”反日ナショナリズム”というのは、これは日本のメディア・言論界が自らの原罪を誤魔化し、正当化し、自らを被害者にすり替わるために定説化したレトリックだと思っています。
簡単に言えば、他国からの批判に対して、率直に聞き入れるのではなく、全て相手国の国内事情による単なる言いがかりであると片付けてしまう態度なのです。

そもそも、日本帝国の侵略による何千万人とも言われる被害者を抱える中国でこれまで反日デモが起きなかったのは、中国共産党指導部が抑えてきたからです。中国人民は日本国内の事情など情報を得ることもなかったのです。
そして、民主化が進みネットなどにより、日本の歴史認識問題(アジア、中国侵略を正当化する論文や教科書問題など)が同じ、日本帝国被害国から激しい反発を受けていることを知り、彼らのプライドに火がついたと理解しています。
一番困ったのは、事実を隠していた中国共産党指導部でしょう。下手をすれば、日中国交正常化についても批判されますからね。

>ならば、現在の中国によるチベットやウィグル等、少数民族への支配も「文明化」を錦の御旗にして推し進められていることをどう捉えるのか?

これはちょっと事情が違います。
中国という国は、少数民族を”支配”しているのではなく、多くの民族の集合体が”中華人民共和国”です。中国は歴史的にいろいろな民族が支配してきたのですが、現在は各民族が政治的権利を持っているのです。
独立派のチベット人が求めているのは、”ダライ・ラマ法王の国”なのです。ダライラマは、まるで平和の使者のように思われていますが、彼がいたときのチベットはとてもそんな国ではありませんでした。だから中国に支配されても良いと言うことではありません。少なくとも絶対者として君臨する彼に民主的な国家を期待するという考えが間違っていると思っています。

もちろん文化大革命など、中国共産党の激しい弾圧は在ったと思いますが、それは全ての中国人に対して行われたことであって、少数民族弾圧ということではありません。

福沢諭吉賛美は、そこに誇らしい民族の神話があるからです。

いつもながら、的外れなレスでもうしわけない。(^_^;)


 佐高は、氏のセンスからしたら最悪、の経営者を持ち上げていることがままあります。宮内などもそうですが、ワタミにいたっては、つい先日まで讃美していました。都知事選で応援するかどうかは分かりませんが。
 松下幸之助批判を再三再四繰り返している一方で、グループ企業である松下電工の元社長を礼賛していました。神戸空港に反対したりしていたということが理由です。あと、元社長が田中秀征のスポンサーということです。氏は、田中のことを以前から絶賛し続けています。田中なんか、新自由主義の最たるものだと思いますが。今や田中は、みんなの党の顧問をしていますね。
 あと、ありがちなことですが、共産党のことは口を極めて批判する一方で、佐藤優や小沢、自民党の左派(加藤、河野、古賀、山崎、それに野中など)は持ち上げていますね。
 別の人にも言われたことがありますが、「文筆業者」なんでしょうね。
 

ルーピーさん、コメントありがとうございます。

------------
 あと、ありがちなことですが、共産党のことは口を極めて批判する一方で、佐藤優や小沢、自民党の左派(加藤、河野、古賀、山崎、それに野中など)は持ち上げていますね。
 別の人にも言われたことがありますが、「文筆業者」なんでしょうね。
------------
佐藤優もそうなんですけど、佐高とかは、中身が空っぽなんですね。
自身に中身がないから、権威のある人とか、弁がたつ人なんかで脇を固めていたいという欲望にかられるのでしょう。佐藤と佐高は、似た者同士で、持ちつ持たれつのキモイ関係なんだと思います。(笑)

まさか、都知事選で渡辺の応援はしないでしょうね!?佐高さん。「反慎太郎だ」といいつつ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/25336229

この記事へのトラックバック一覧です: 読み方注意!『福沢諭吉伝説』 - 恥を知れ!佐高信 -:

« 週刊金曜日 疑似護憲論者佐藤優と土井たか子対談 | トップページ | 続X16 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ