最近のトラックバック

« パレスチナの悲劇 (4) | トップページ | イスラエルと米国こそテロ国家 »

2009年1月 4日 (日)

パレスチナの悲劇 (5)

ユダヤ教原理主義国家を揺るぎないものにするために、イスラエルと米国はパレスチナ人の民族浄化(Ethnic cleansing)を続けている。米国のシオニストに政治経済で支配された同盟国は、パレスチナ人が浄化されることでパレスチナ問題は解決されると思っているのだろうし、アラブの隣国も王族支配の維持の為シオニストの金で間接支配されている。パレスチナ支援を公言していたイラクは、米国の大儀のない侵略戦争で木っ端みじんに破壊された。誰も救いの手をさしのべようとしないパレスチナ人の運命は風前の灯火だ。

イスラエルは目的に達するだろう。しかし、それは自滅の始まりなのだ。イスラエル国家はパレスチナ人の『民族浄化』で成立した国家という歴史事実は残るからだ。

米ブッシュ大統領:「ハマスに責任」 ガザ空爆で見解

 【ワシントン及川正也】ブッシュ米大統領は2日、イスラエル軍によるパレスチナ自治区ガザ地区への空爆について「最近の暴力はハマスによって引き 起こされた」と指摘し、ハマス側に責任があると強調した。一方で、ガザへの武器密輸を防ぐ国際的監視制度を導入した停戦の実現に向けて外交努力を強化する 意向も表明した。

 大統領の公式発言は先月27日に空爆が始まってから初めて。ホワイトハウスが3日放送のラジオ演説の内容を公表した。

 大統領はイスラエルの軍事行動は国民を守るための反撃だったと擁護した。イスラエル軍が準備中の地上侵攻についてホワイトハウスのジョンドロー副報道官は2日、「イスラエルが決めること」と述べ、容認する意向を示した。

毎日新聞(電子版)

とうとう、イスラエルは地上部隊を侵攻させた。

イスラエル軍 地上侵攻を開始

1月4日4時54分配信 毎日新聞


 【エルサレム支局】イスラエル軍は3日夜(日本時間4日未明)、パレスチナ自治区ガザへの地上侵攻を開始した。軍報道官が米CNNテレビなどに確認し た。イスラム教原理主義組織ハマスのロケット攻撃陣地の制圧が主な目的。軍当局によると、作戦は長期間に及ぶ予定だという。先月27日に始まり、死者が 440人を超えた対ガザ攻撃は、さらに拡大した。

 ロイター通信によると、ガザ北部ベイト・ラヒヤの住民が、戦闘ヘリを伴った戦車が境界のフェンスを越えて侵攻を開始するのを目撃した。一部の戦車は砲撃を行っていたという。ガザの別の場所でも侵攻が始まったとの情報もある。

 イスラエル軍報道官は「歩兵、工兵、海軍も関与している」と説明、標的が多いため作戦は長期間に及ぶとの見通しを示した。侵攻開始を受け、イスラエル当局は数万人の予備役の追加招集を発表した。

 リブニ・イスラエル外相は地元テレビに「今回の作戦が長期的な平穏をもたらすことを期待している」と述べ、ハマスに対する軍事的圧力を強めて停戦交渉を有利に進める意図を示唆。今後、数次にわたる作戦が必要になる可能性もあると語った。

 ハマスは侵攻作戦を激しく非難、ガザ領内の交戦でイスラエル兵士数人を殺害したと発表した。

CNNとロイターとイスラエル側の報道そのままだな。日本の新聞はどいつもこいつも「ガザを支配しているイスラム原理主義組織ハマス」と書くがハマスは、民主主義手続きで選ばれた政党であり、その点ではファタハより自治政府としての正当性があるはず。

イスラエルは勝利したとしても、復讐の陰に怯えて神経症になるに違いない。
近代で民族迫害をした日本人にも潜在意識に迫害した中国、朝鮮人への恐れがあるからだ。

« パレスチナの悲劇 (4) | トップページ | イスラエルと米国こそテロ国家 »

パレスチナ問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/26782313

この記事へのトラックバック一覧です: パレスチナの悲劇 (5):

« パレスチナの悲劇 (4) | トップページ | イスラエルと米国こそテロ国家 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ