最近のトラックバック

« 村上春樹 エルサレム賞受賞スピーチ 現実逃避の茶番 | トップページ | 続X18 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 動き出した”ともだち” »

2009年2月26日 (木)

続X17 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 

金光翔氏が佐藤優に公開質問状を突きつけたようだ。

金光翔 「佐藤優氏への公開質問状」
http://gskim.blog102.fc2.com/blog-entry-16.html

以下、公開質問状から一部抜粋

質問1−18.『週刊新潮』の上記記事に関して『実話ナックルズRARE』第1号(2008年10月売)は、佐藤様 が、懇意の『週刊新潮』の記者(私にメールを送ってきた、荻原信也記者だと思われますが)に書かせた旨を、佐藤様を知るというマスコミ関係者の発言を引きながら報じています。また、『中央ジャーナル』203号(2008年11月25日発行)の「佐藤優が岩波書店社員を恫喝」なる記事でも、『週刊新潮』の上 記記事について「佐藤が「なじみの『週刊新潮』記者を使い、コメントを装って「岩波にも責任がある」と恫喝」したと書かれています。

 また、『インパクション』の深田編集長からも、『週刊新潮』の同記事は、佐藤様が『週刊新潮』のご友人の記者に、「<佐藤優現象>批判」の著者である私が岩 波書店社員であることなどを、ある岩波書店社員から佐藤様が聞かれた話として、お伝えされたことが発端であったらしいと伺っています。深田編集長は、このことを、佐藤様ご自身から聞いたとのことです。

 『週刊新潮』の同記事で、記者に初めに情報を提供したのが佐藤様であるという、上記の報道および証言は、事実でしょうか。

質問1−19.『週刊新潮』の上記記事は、私が「首都圏労働組合特設ブログ」で指摘しているように、私の名誉を毀損する虚偽の記述を含んでいます。『週刊新潮』の記者に初め に情報を提供したのが佐藤様であるという、前問で挙げた報道および証言が事実であるならば、佐藤様にそうした情報を伝えた岩波書店関係者とは、具体的に誰 (もしくは誰々)でしょうか。当人に直接確認したいので、氏名をお答えください。

 この週刊新潮の言論テロ記事は、佐藤優ー週刊新潮ー岩波書店の3者の合作によって創られたものと考えられる。http://electric-heel.cocolog-nifty.com/blog/cat30506491/index.html
おそらく、この公開質問状で窮地に立たされるのは佐藤と週刊新潮に自社社員のスキャンダルをでっち上げて言論封殺をそそのかした岩波書店にちがいない。

これまで佐藤は一度足りとまともに回答したことがない。きっといつものように汚い手段で金氏を潰しに掛かるだろう。

佐藤がどうでるか注視したい。

« 村上春樹 エルサレム賞受賞スピーチ 現実逃避の茶番 | トップページ | 続X18 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 動き出した”ともだち” »

佐藤優現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/28375460

この記事へのトラックバック一覧です: 続X17 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼 :

« 村上春樹 エルサレム賞受賞スピーチ 現実逃避の茶番 | トップページ | 続X18 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 動き出した”ともだち” »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ