最近のトラックバック

« トンデモ佐藤優のイカサマ言説 週刊金曜日編集者のレポートから | トップページ | 続X20 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 - 法廷に引きずり出される<佐藤優現象> »

2009年5月 4日 (月)

『週刊金曜日』とうとう<佐藤優現象>末期症状で右側レーンを逆走行

このブログの以前の記事、「『週刊金曜日』編集長、極右TVに出演」「『週刊金曜日』北村編集長の天皇制擁護論」で極右TVチャンネル「チャンネル桜」での北村編集長の天皇制擁護(容認)論を批判した。そして「右翼だけに自身の天皇制擁護の考えを説明するのではなく、天皇制反対論者がほとんどと思われる読者にきちんと説明しなければいけないだろう。」と書いたが、『週刊金曜日』(2009.5.1号)北村編集長の編集長後記(ネット版 コラム「一筆不乱」)で自身の天皇制擁護論を展開した。

「親米の民族派」という大いなる矛盾」

http://www.kinyobi.co.jp/henshucho/

北村編集長の天皇制擁護論は、天皇教信者、極右の古典的な「皇国史観」そのもので、彼の主な主張は「天皇制が中心となり国家が成立する」、「天皇制は日本古来の伝統と文化」、「天皇を戴いた日本は四民平等」など、現代では無知蒙昧の右翼と口からでまかせ佐藤優(大事な人を忘れてました。(^^;))でなければとても本気で思っているものなどいない。ましてや、『週刊金曜日』の読者がこれを受け入れるとは思えないはず(?)

この北村の主張に対する私の批判は、以前の記事 に書いている。特に、以下に再掲示する辺見庸氏の発言には全てが含まれる。

 私は憲法擁護論者で、とりわけ九条については一歩も譲れないという人間ではあります。でも反面、すでに憲法は相当程度壊されていると認識しています。が、その中で、憲法の天皇条項だけは揺るぎない。これがどうして憲法の中心軸なのか。憲法第一章に対する根本の問いというものを、左翼をふくめて出してこなかった。
・・・
天皇制をなくしてこの国はやっていけないのかーーこれは、マスコミ、思想界が故意にさぼり、自己規制してきた重大テーマです。
・・・
我々の個、自我が発する論理のプロセスには、天皇制という見えない非言語系の縛りと心的規制が常に災いしている。それが世間というものをつくっていく。そのプロセスに共同的幻想として天皇制がある。そこから見えない身分制も派生する。とりわけ敗戦国であるこの国は天皇制を倫理的な土台として利用しながら朝鮮を支配し、中国侵略をしてきたことに対する歴史的な反省を、アカデミズムの世界もマスメディアの世界も怠ってきた。天皇制については共産党も社会党も同様に熾烈な議論を避けてきたと思いますよ。そこの戦後民主主義の虚妄の根源があると思いますね。

 付け加えると、問題の編集長後記が載った『週刊金曜日』(2009.5.1) の特集「天皇制」の記事は、裕仁の戦争責任には言及しているが、「天皇制」そのものの原罪にはまったく触れていない。

だから、天皇制が台湾、朝鮮、中国、東南アジアの国々を侵略し他民族を植民地支配したことなどまったく言及していない。

これは北村編集長のコラムの支離滅裂な天皇制擁護論がぎりぎりの線で成り立たせるために意図したものだと思われる。
「天皇制擁護」は週刊金曜日編集部の総意ということなのだろう。

 注目するのは、この北村編集長のコラムのタイトルが「「親米の民族派」という大いなる矛盾」という点だ。 
 この天皇制について書かれた支離滅裂なコラムで批判されているのは、天皇制ではなく米国と親米派右翼なのだ。日本の米国属国化を批判しているわけだが、そこには裕仁に全ての責任を負わせて切り離し、天皇制そのものは守るべき「日本の古来からの伝統と文化」という屈折した天皇制擁護論がある。*1 
 北村編集長の民族主義ナショナリストという立ち位置を表明したわけだが、当然リベラル・左派の読者に容認されると確信しているのだろう。この北村にとって民族主義ナショナリズムは、左右の壁のない共通した立場なのだ。しかし、現在でも続く日本人のアジア蔑視感、排外ナショナリズムは、このような皇国史観に基づいて植え付けられた日本人の優越民族感によるものだ。*2

 これはまさに<佐藤優現象>そのものである。
左も右も民族主義・国家主義の独善的視座でしか見えなくなっている。*3
敗戦前の日本人に回帰したわけだ。

*1) 北村は

 実は、反天皇制を掲げる側にとってこの事態は厄介である。昭和天皇がすべての戦争責任を負うことで、「日本の伝統と文化を継承する皇室制度」は無傷ですむからだ。」

と、訳のわからないことを言っているが、どうも本気でそう思っているらしく、そうなると昭和天皇に全てに戦争責任を負わせ「日本の伝統と文化〜」を守る立場の発言をしている北村は、反天皇制側の敵ということになる。

*2) 週刊金曜日編集者も優越民族史観があるようだ。

『週刊金曜日』(2009.5.1) P.10

だがそこでは、他国に比して「誇るべき歴史と伝統」を有しているはずの国家が、一方で「思いやり予算」や沖縄の基地問題に・・・

皮肉だろうと思ったが、どうやらそうではないようだ。

*3) 右翼だけど赤尾敏氏が良いことを言っている。(笑)

「今の右翼は口ばっかでね、いい加減なことばっかやってんだよ。民族主義なんて言葉だってそうだ。民族主義なんてものはいかんよ、君! そんなことで世 界が平和になるか。キリストでも釈迦でも孔子でも、民族の道は説いていないよ。人類普遍の道を説いているんだ。共産主義も世界的だよ。民族を超えてるん だ。民族主義なんて、バカの言うことだ。日本民族だけがよければいいというのは、民族利己主義じゃないか。宇宙を支配する神の道があるんだ。天の理法は世 界共通だから、それで平和をはからにゃいかん」
http://www.hh.iij4u.or.jp/~iwakami/right1.htm

おまけ

 実は、反天皇制を掲げる側にとってこの事態は厄介である。昭和天皇がすべての戦争責任を負うことで、「日本の伝統と文化を継承する皇室制度」は無傷ですむからだ。

 意味がわからない。なぜ昭和天皇が戦争責任を被ると、皇室制度が無傷で済むのか。それでは、これまで昭和天皇の戦争責任を回避してきたのは何だったのだ。昭和天皇の戦争責任を追及してきた反天皇制側が困ることは何もない。北村は願望を語っている。

皇室制度そのものは、日本の伝統と文化じゃない。皇族だけが継承してきた閉鎖した極私的伝統。

 しかし、ここに「米国」という要素を持ち込むと、天皇制は別の矛盾にさらされる。本誌今週号で特集したように、政治家・昭和天皇が事実上、日本の米国属国化を認めたことは、最近の研究から明らかである。そして、米国の支配下におかれることで、当然のことながら「日本古来の伝統と文化」は大きく揺らいだ。

 「日本古来の伝統と文化」ってなにさ。日本国が成立した時に、日本古来の伝統と文化は西洋文化を受け入れることで葬り去ったのではないか。天皇制や北村の言う「日本古来の伝統と文化」は、近代に創られたフィクションだ。そもそも日本成立以来、欧米の配下だ。欧米に逆らったのは一時的なもの。結局元の鞘に収まっただけ。

 評価は別にして、「天皇を戴いた日本は四民平等である」というのが皇室制の柱の一つだろう。どう考えても、米国のような優勝劣敗思想の国とは相容れな い。むろん、新自由主義の導入など、到底、許されるものではないはずだ。「情けは人のためならず」が、本来の意味とは真逆に解釈される社会、それがアメリ カナイズされた今の日本である。

極右の戯言。天皇制自体が身分制度。四民平等とは身分間での通婚や職業選択の自由などをいうことで、皇族、華族は存在している。本当の平等ではない。そして天皇の名で侵略した他国の民族は、皇民化を強制され最下層階級に置かれ、人以下の扱い、奴隷の如く扱われたことはどうなんだ。

平等思想は米国からの輸入だ。米国の優勝劣敗思想は身分階層がないことの証でもある。もちろん米国に人種差別はあるのだが。

「(天皇制ならば)新自由主義の導入など、到底、許されるものではない」などと言うが、天皇制帝国資本主義の日本社会には、裸の資本主義が跋扈していたではないか。一方には途方もない富を独占する財閥一族と一方には子供を女郎部屋に売る多数の貧農が当たり前に存在する社会だったではないか。

天皇制を美化するあまり、このようなデタラメを言ってはいけない。

« トンデモ佐藤優のイカサマ言説 週刊金曜日編集者のレポートから | トップページ | 続X20 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 - 法廷に引きずり出される<佐藤優現象> »

佐藤優現象」カテゴリの記事

コメント

北村編集長はそろそろ人工知能を移植した方がよさそうですね。
ところで、北村編集長とは、今メールでやり取りしてるんですよ・・・我ながらドMかもしれません。
http://d.hatena.ne.jp/m_debugger/20090507/1241702321

m_debugger さん、レス大変遅れて済みません。

北村編集長のおつむも変だけど、それを容認する読者と沈黙する左派言論人達というのがもっと不気味。
でも、これは日本らしいし、これこそが日本だと言えますね。

http://katayamatakao.blog100.fc2.com/
片山貴夫氏のブログより。例の月刊日本との共同集会ですが、想像以上の凄まじさだったようで。月刊日本は浅沼稲次郎を殺した山口二矢を「烈士」として賛美している「極右」というよりは「狂右」としか言いようのないクレイジーな所で、そんな所をこれから同盟者としてやっていく訳です。何年か前に週刊金曜日が浅沼の特集を組んで、佐高信らがヌマさんの事をあれこれ語っていたのも今は昔、ひょっとしたらあの浅沼特集は今の金曜日にとっては最大のタブーと言って良い「黒歴史」かも。記事をコピーして嫌がらせに送りつけてやりたい衝動に駆られました。
もう金曜日は立派な右翼誌以外の何者でもありません。佐高信や北村肇、青木理らはいなくなるべきだと思います。その前に財政難で潰れる可能性が高いでしょうが。

----------
もう金曜日は立派な右翼誌以外の何者でもありません。佐高信や北村肇、青木理らはいなくなるべきだと思います。その前に財政難で潰れる可能性が高いでしょうが。
----------
彼らがこうなっていく(ナショナリズムに落ち着いていく)のは、日本人である限りさだめのようなものではないかと思っています。
もともと思想を持たない(持てなかった、内面化できなかった)日本人の限界なのでしょう。
もう、形ばかりの左派でさえ絶滅危惧種になるでしょう。

そういう意味で、日本を変えることができる能力があるのは、在日と言われる人達ではないか思っています。

トンチンカンなレスになってすみません。なんか彼らに期待する気がすっかり無くなってしまったので。


このブログの管理人さんは自分こそが「天皇陛下」または、スターリン、毛沢東、金日成親子といった絶対の支配者になりたいだけなんだね。でもそう言った地位になることを努力するのは絶対にお断りなんだよね。嫉妬深い管理人さんのおぞましい本性が丸見えだよ。

>嫉妬深い管理人さん

批判を嫉妬の発露と取り違えるのはたいてい本人か関係者といわれているよ。ハンドルネーム京葉純也さん。

京葉純也さん、大変遅いレスになってしまいました。

----------
このブログの管理人さんは自分こそが「天皇陛下」または、スターリン、毛沢東、金日成親子といった絶対の支配者になりたいだけなんだね。でもそう言った地位になることを努力するのは絶対にお断りなんだよね。
----------
ふ〜ん、またずいぶんと飛躍した読み方ですね。どこを読んでそう思ったのでしょうか?
「努力するのは絶対お断りなんだよね」と言われると、たしかにストイックな努力をすることがまったく苦手なのは確かです。(笑)

努力をすればシャチョーさんやハカセやダイジンになれるかもしれませんが、「天皇陛下」だけにはなれないと思います。(^^;)

無双さん、留守にしていてレスがたいへん遅れて済みません。

----------
批判を嫉妬の発露と取り違えるのはたいてい本人か関係者といわれているよ。ハンドルネーム京葉純也さん。
----------
京葉純也さんは、いつもお母さんにそう叱られているからではないでしょうか。(笑)


浅沼稲次郎は天皇家を敬愛してたらしいのでいくら極右に殺されても同情できませんけどね。

ネイル・アーガマさん、コメントありがとうございます。
そして、これまでアクセスしてくれた方、どうもご無沙汰です。

>浅沼稲次郎は天皇家を敬愛してたらしいのでいくら極右に殺されても同情できませんけどね

天皇のご加護の元で与えられた臣民の権利を主張する民主主義者や左翼とかいう羊頭狗肉というか、見かけだけで成立する「もどき」が日本という国の本質なんでしょう。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/29428328

この記事へのトラックバック一覧です: 『週刊金曜日』とうとう<佐藤優現象>末期症状で右側レーンを逆走行:

« トンデモ佐藤優のイカサマ言説 週刊金曜日編集者のレポートから | トップページ | 続X20 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 - 法廷に引きずり出される<佐藤優現象> »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ