最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月20日 (日)

"疑惑の総合商社"鈴木宗男リターンズ 2

 日刊ゲンダイに鈴木宗男の外務委員長就任によって機密費が曝かれると言った記事が出ていたようだ。こういった変な期待は<佐藤優現象>に毒されたジャーナリズムあたりが鈴木宗男を持ち上げるときに必ず使う宣伝文句だが、本当にしゃべる気ならとっくの昔にゲロしているはずだ。鈴木宗男は絶対しゃべるはずはないのだ。

鈴木宗男と佐藤優が「機密費について・・・」と言えば、これは機密費に関わった関係者に対するブラフ以外の何ものでもない。それは「全員(歴代政府、外務省、関係者)道連れにするが、それでもいいのか」「しゃべるなよ」と脅しているのだ。

 そもそも、田中真紀子が外相時、機密費問題にメスを入れようとした田中に伏魔殿と言われた外務省の不正の闇に君臨していたのが鈴木宗男だったではないか。
外務省の闇について、外務省と鈴木宗男は持ちつ持たれつの爛れた共犯関係であり、機密費が曝かれたくないのはお互い様だからだ。

 「鈴木宗男事件」と言えば、外務省を支配しODAを含めた利権と不正な金の問題であったあはず。にも関わらず、立件されずうやむやになったのは機密費が絡んでいるからだ。「やまりん事件」なんて本当の本命から外れた「国策捜査」なのだ。
外交機密費が曝かれると困るのは政府、外務省と鈴木宗男と佐藤優なのだから。

 本気で外交機密費を曝くなら、鈴木宗男ではなく田中真紀子を充てるの当然だろう。田中真紀子が外相時代に機密費調査を妨害したのが鈴木宗男だったではないか。

 なによりも嫌な感じなのが、金光翔氏の警告『<佐藤優現象>批判』通りになっていること。
政治家である鈴木宗男が少しずつ権限を手に入れ、それを最大限テコを効かせて日本の政治に影響力を持ち、佐藤優が言論界に強い影響力を持ち(佐藤優現象)鈴木宗男を支える。

 田中真紀子との死闘がなければ、自民党のトップまで上り詰めたのではと思うとゾッとする。鈴木宗男は日本の頂点にまで上り詰め、その引き替えにロシアとの二島返還ー日ロ平和条約が締結される。そんなシナリオだったのかもしれない。(断っておくが、自分は北方領土問題にはまったく関心はない。元々アイヌの土地なのだから、アイヌに返すのがよろしい)

この鈴木宗男の復活劇は、怖いほど完璧なシナリオにもとずいている。
この二人はただの強欲の固まりで、とてもこれだけのことを緻密に出来る能力なんて無い。
この二人を動かしている大きな組織があるのではないかと思ってしまう。

以下は参考になる機密費についての記事

※ [機密費疑惑・国家のウソ2]規律なき使途、選挙資金に官邸の影 http://asyura2.com/sora/bd12/msg/732.html

 首相官邸の資金は、従来考えられていた以上に潤沢だった。 表に出ている官房機密費16億2400万円のうち、官房長官が直接管理する一般行政経費は13億9200万円。これに「裏の機密費」約20億円を加えた34億円近くが、首相―官房長官のラインで自由になる計算だ。

一体何に使われているのか。

「表に出たら大変」2月下旬。那覇市。東京ではコートが手離せないというのに、広い邸宅は赤いブーゲンビリアに彩られていた。主の老人は、1998年11月の沖縄県知事選で稲嶺恵一知事陣営の選対幹部を務めた人物だ。

「ええ、資金の手当てを自民党本部に頼みました。『人はよこさないでいいから、資金面だけお願いします』って」

米軍普天間飛行場の移設問題が知事選の焦点だった。3選を目指す現職の大田昌秀氏は「県外への移設」を、自民党の推す新人の稲嶺氏は「振興策とセットでの県内移設」を唱えた。大田氏が当選すれば、当時の小渕恵三政権に深刻な影響をもたらすのは確実だった。

老人は選挙資金の具体額に質問が及ぶと、一瞬息をのんで語った。「全部で4、5億かかった。自民党から来たのはそのうち2億か3億だったな。選挙のカネはメモに残さないし、銀行を通さないのが鉄則ですから」

数字の輪郭をぼかしながらも、老人は自民党から資金提供があったと認め た。ただし、カネの出所は自民党一本だったのか。実はこの中に、官房機密費が1億円以上含まれていたとの重大な証言がある。語るのは、自民党沖縄県連関係者だ。

「官邸から知事選の資金が出たのは間違いない。私自身、選対の会議で報告を受けた。元は税金だからね。選挙に機密費を使ったなんて表に出たら大変なことになる」

銀行を通さないという話に従えば、カネは東京から那覇まで人の手で運ばれたことになる。それはどこで受け渡しが行われたのか。出金は1回か、数回に分けてか。老人にただした。

 「官邸と自民党と二つ資金ルートがあることが分かったのは今回の横領事件が起きてからですよ。だから官邸からカネが出たのかどうか私は知らない」

官房機密費と与党の選挙資金。その間を、実線で結ぶだけの明白な証拠はない。ただし、点線ではつながっていることを数々の証言が物語っている。

鈴木宗男 1995年9月自民党副幹事長就任、1997年9月北海道沖縄開発庁長官に就任、1998年7月小渕内閣で官房副長官に就任。http://www.bea.hi-ho.ne.jp/naito38/suzukilist.htm

 

※ [機密費疑惑・国家のウソ3]外交工作、社交・接待と混然 http://asyura2.com/sora/bd12/msg/741.html

査察大使は本省に戻り、厳重処分を進言する。当時の事務次官は小和田恒氏。ところが、なぜか処分は行われず、この職員は2カ月後に在フィリピン大使館の会計担当官へと異動した。

「おれを処罰するなら、外交機密費の乱脈ぶりをばらす」。職員の捨てぜりふが、外務省上層部に処分をためらわせたと省内では受け止められた。毎日新聞が当時のいきさつを報じた7日、外務省は慌てて今は在ニュージーランド大使館にいるこの職員の召還を決めた。

「外交機密費の乱脈ぶりをばらす」と言うのは、機密費を流用した者の居直りの常套句のようだ。(笑)

2009年9月19日 (土)

”疑惑の総合商社”鈴木宗男リターンズ

『週刊金曜日』や『世界』が進めた<佐藤優現象>運動の成果。  ┐('~`;)┌

外務省を支配した上、私物化した罪と受託収賄で実刑がほぼ確実な鈴木宗男に再び外務省に権限を持たせるとは、泥棒に金庫番をさせるようなものだ。中国なら間違いなく死刑だろう。あっ、だからにわか死刑反対論者になったのか(笑)

最高裁判断により実刑確定で収監されたとしても、リベラル・左派面した魚住とか青木のような先に有罪が確定した佐藤優の信者が「国策捜査」と念仏を唱えて悲劇のヒーロー化するんだろう。ばかばかしい。

自公など、「鈴木外務委員長」に異議=衆院本会議、開会遅れ

9月18日18時20分配信 時事通信

 18日の衆院本会議で選任された議院運営委員長を除く常任委員長16人のうち、自民、公明、共産各党が、民主党会派に所属する新党大地の鈴木宗男代表の外務委員長就任に反対を主張。与野党が調整に手間取り、正午に予定していた本会議開会が1時間余り遅れた。
 自民党は、本会議に先立つ議院運営委員会理事会で、受託収賄罪などに問われる鈴木氏の公判が続いていることを取り上げ、「刑事事件の被告人が委員長になった例はない」と指摘。委員長の選任は、本会議での採決を省略する動議を可決した後、議長が一括指名するのが慣例だが、自民党は鈴木氏について、採決するよう要求した。
 これに対し、民主党は「推定無罪の原則がある」と反論。理事会で調整がつかず、民主、自民両党国対委員長が協議した。最終的には、本会議で外務委員長についても、手続きを省略し議長が指名するとの動議を与党の賛成多数で可決。これを受け、横路孝弘議長が鈴木氏を含む16委員長を指名した。 

最終更新:9月18日18時43分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000155-jij-pol

民主党サイトのニュースから

2002/02/20

【衆院予算委】原口議員、鈴木宗男氏による外交私物化の実態を暴く

 衆議院予算委員会は20日、アフガニスタン復興支援会議におけるNGO排除問題をめぐって、田中真紀子前外相に続き、自民党の鈴木宗男議員を参考人として招致し、集中審議を実施。民主党から質問に立った原口一博議員は、鈴木議員による外交の私物化の実態を様々な問題から浮き彫りにした。

 原口議員はまず、鈴木議員が、コンゴ大使館の通商代表機関の一員と自称するジョン・ムウェテ・ムルアカ氏を私設秘書として雇っている問題を追及。「他国の外交官を私設秘書にしているなら大問題だし、正式の外交官でないなら官名詐称だ」と指摘した。鈴木議員は「民間人という認識だった」などと弁解。事実関係を理事会で調査することになった。

 次に、鈴木議員が頻繁にPRしているタンザニアの「鈴木ホール」建設の経緯について質問。鈴木氏が800万円の建設費用を寄付したとされることに関して「個人の政治団体から他国への寄付は許されるのか」と質した。鈴木氏は「外国から受けることはできないが、出す分についてはどこにも書いていない」などと居直った。

 また、2000年12月に鈴木議員が森首相の親書を携えて訪露し、ロシアのセルゲイ・イワノフ安全保障会議書記(当時)と会談を行った際の問題についても質問。外務省の欧州局長らも同行していたにもかかわらず、イワノフ氏と2人だけで会談したことなどを指摘し、「公と私の区別が不明確だ」と批判した。鈴木議員は、「(訪露は)個人の資格といいながら、政府と一体の立場で」などと曖昧にしか答えられなかった。

 同様に、98年から実施されている政府の日露青年交流プロジェクトを取り仕切り、ロシア側訪問団が来るたびに自らに表敬訪問させ、「金をとるのに尽力したのはオレだ」「オレに話を持ってこい」などと話していることも暴露。鈴木議員による外交私物化の異常な実態が明らかになった。

 さらに、外務省の佐藤主任分析官を37回の海外出張のうち18回も同行させ、秘書同様に使っていたことも指摘。そうした活動の中で、北方領土の4島一括返還論への批判を展開するなどしてきたことを明らかにし、「日本の外交姿勢を歪めてきたと言わざるをえない」と厳しく指弾した。

 NGOへの恫喝問題では、ピースウィンズ・ジャパンの大西代表らに「こいつらの援助はストップする」「もっと早く挨拶に来い」「NGOにはとんでもないのがいる」などとどなったというNGO側の議事録について質したが、鈴木議員は「言っていない。5の話を10にしている」などと言い逃れに終始した。

http://www.dpj.or.jp/news/?num=1232

2009年9月 6日 (日)

思考停止の対北朝鮮政策は、ただの在日朝鮮人いじめ

自分の周りでは、TVや新聞、雑誌に影響されて「金正日なんて殺してしまえ!」とか「北朝鮮に核ミサイルを落とせ」などと普通に会話の中で出てくるのですが、彼・彼女らは北朝鮮と戦争をしたわけでもないのにこれほどの敵愾心に駆られている反面、実際に戦争し広島、長崎に核兵器を、大都市に無差別爆撃をした米国には、恨みどころか拾われた子犬のようなとてもありがたい気持ちと憧憬を持っている。(笑)

民主主義に体制が変わろうが、こういった明治に創られた「日本人」の「脱亜入欧DNA」が書き換えられないことには、日本人はまた同じ事をしでかすのでは。

吉田康彦氏のサイトからのコピペです。

思考停止の「対北朝鮮」政策/何が”脅威”なのかを問い直せ

2つの言葉がひとり歩きしている。1つは、北朝鮮の“脅威”、もう1つは、拉致問題の“解決”だ。

「脅威だ。脅威だ」と既成事実にして騒ぎ立て、MD(ミサイル防衛)配備の強化、敵基地攻撃論をもてあそび、あげくのはては「日本も核武装を」という主張が勢いよく飛び出す。“脅威”が存在するのがありがたくて仕方ないようだ。

ミサイルが日本上空を飛び、核実験をしたからというだけで“脅威”なのか。日本上空と言っても、高度数百キロ上空は領空ではなく、すでに宇宙空間だ。「上 空を飛んだ」というなら1万個もの人工衛星が日本上空を常時飛んでいる。自衛隊は「万一の事態に備えて」破壊措置命令を受けて出動したが、ミサイルは予定 通り宇宙空間を飛んで、北朝鮮があらかじめ指定した太平洋上の水域に着水した。核実験も地下で爆発、地震波は伝わってきたが、放射性物質はまったく外に出 なかった、少なくとも計測できなった。

田母神俊雄氏に伺いたい。北朝鮮は核弾頭を保有し、ミサイルに搭載して、それで日本を攻撃してくると本当に信じておられるのか。日本を攻撃してどうしよう というのか。北朝鮮が日本を核兵器による先制攻撃すれば自分たちが無傷でいられると、ピョンヤンの指導者たちが考えているとでもお思いか。

正解をお教えしよう。北朝鮮は「アメリカの核の“脅威”を肌で感じ、これに対抗するために核抑止力が不可欠だった」と、核・ミサイル開発の理由を説明して いるが、これも駆け引きで、実際にはアメリカが核攻撃をしかけてくるとは思っておらず、「核の脅威」を肌で感じているわけではない。

あくまでも米国と対等の立場で交渉し、半世紀以上休戦状態のままの「朝鮮戦争」を正式に終結するために「米朝平和条約」を結び、アメリカと国交正常化に持 ちこむための外交カードなのだ。核保有国になれば、アメリカは譲歩し、国交正常化に応じないわけにはいかないと信じているのだ。「核保有国になる」のが最 終目的ではない。北朝鮮にすれば「6者協議」など茶番劇にすぎない。

 そこで日本。北朝鮮の核・ミサイル開発の意図を見極め、それが真に“脅威”だというなら、それを除去する外交努力をなぜしないのか。

日本が北朝鮮に対してしてきたことは、ミサイル発射と核実験に抗議して(実際は「日本人拉致」に対する世論の怒りを都合よく利用して)、輸出入禁止、船舶の寄港禁止、渡航禁止、送金規制と、ありとあらゆる単独制裁を課し、在日朝鮮人いじめをすることだけではなかったか。

安倍晋三氏に伺いたい。「圧力をかけて強く出れば北朝鮮は必ず折れてくる」とくりかえし断言しておられたが、はたして折れてきたか。日本の制裁が北朝鮮の対日政策にいかなる影響をもたらしたというのか。在日朝鮮人を苦しめているだけではないか。


 ≪「ポリシーフォーラム」NO.48/2009年9月号≫


http://www.yoshida-yasuhiko.com/

2009年9月 3日 (木)

忘れちゃいけない。日本人のジェノサイド犯罪の一つ

正力松太郎がデマを流した張本人と言われているが、それだけの問題ではない。この虐殺者達(普通の日本人)のメンタリティーは、現在でも生きている。
未だに事実を認めないのは、また同じ事をすると言うことだろう。

関東大震災86周年第63回朝鮮人犠牲者追悼会 09/9/2

 昨日9月1日11:56(地震発生時間)から開催されました件名追悼会に、「9条改憲阻止の会」の方から誘われて参加しました。以下、レイバーネットの下記サイトにMT氏の報告記事と写真が載っています。

http://www.labornetjp.org/news/2009/91memfunabasi

船橋市で86年目の関東大震災における朝鮮人の虐殺犠牲者を追悼

9月1日、関東大震災の記念日であると同時に朝鮮人虐殺86周年でもある。真夏の炎天下に正午から千葉県船橋市立馬込霊園では朝鮮総連千葉西支部の主催で第63回朝鮮人犠牲者追悼会が開かれ、約200名が参加した。参列者は在日朝鮮人を主体だが、恥ずかしい歴史を忘れまいと日本人も多数参列した。

 東京東部での朝鮮人の虐殺が有名だが、ここ船橋でも当時北総鉄道(現東武鉄道)の建設に駆り出された朝鮮人が多数虐殺されていた。康春和総連西支部委員長が「日本政府は虐殺に対する謝罪すらなしに、厳然たる事実を覆い隠」していると主催者の追悼の辞を述べた。来賓代表として上野建一氏(新社会党)が日本人の行った罪深い歴史を謝罪し、その犠牲者に対し心から哀悼の言葉をささげた。最後に全員が慰霊碑に向かって献花と焼香をおこなった。 


 

 少し補足しますと、日本人参加者は40人くらいだったでしょうか・・・写真にあるように、船橋市長、習志野市長、市川市長からの生花が飾られ、八千代市長、鎌ヶ谷市長からの弔電が来ていました。私は千葉県民となってから既に35年になるのですが、恥ずかしいことに、私の家からそんなに遠いわけではないこの霊園において、63年間もこういう追悼式が行われていたことを知りませんでした・・・情報がなかったのです。船橋市をはじめ、周辺自治体の広報にでも載せて知らせれば、もう少し、日本人も増えるのではないかと思いました。

 以下、康春和総連西支部委員長の追悼の辞の全文(略訳となっていますが)を紹介しておきます。

「関東大震災朝鮮人虐殺86年に際し、私は在日本朝鮮人総連合会千葉県西部支部常任委員会及び、同胞の代表として日本帝国主義に対する限りない憤りをもって、虐殺された同胞に深い哀悼を表します。

 関東大震災朝鮮人虐殺から86年、日本の敗戦から64年が過ぎた今日にいたるまで、日本政府は虐殺に対する謝罪すらなしに、厳然たる事実を覆い隠すばかりか、最近では歴史教科書から強制連行、従軍慰安婦問題ですら削除しようとしています。

 今日、朝鮮と日本との関係は戦後最悪の状況に置かれ、そのしわよせは私たち在日朝鮮人にふりかかっています。日本政府は祖国と日本を結ぶ架け橋たる<万景峰92号>の入港を3年も阻止しているばかりか、最近は共和国に送る郵便貨物にも規制をするありさまです。

 日本の民主主義と人道主義は何処にいってしまったんでしょうか。私は今日の追悼集会の名において、日本政府と日本の良心に訴えます。新しい日本政府は早く過去の清算を済ませ、朝鮮との国交を正常化し、アジアの平和と安定を築くべきです。また、在日朝鮮人に対する各種差別と抑圧を改めるべきです。

 そうすることによって、日本はアジアと世界から信頼と尊敬を受ける国になると信じます。

虐殺された同胞のみなさん
 祖国が統一された暁に、皆さんの遺骨を故郷に埋葬したします。その日が一日も早く来るよう、総連の愛族愛国事業を一層発展させていきます。どうか、その日が車で安らかにお眠りください」


 何の罪もないのに、強制的に奴隷のように働かされた上、日本人に嬲り殺しにされた多くの朝鮮人犠牲者を思うと、「大日本帝国」時代の国家犯罪を何一つ清算しないまま今日まできた「日本国」の罪深さに恥じ入るばかりです。

 民主党・鳩山政権が戦後補償に積極的に取り組み「過去の清算」を成し遂げて「日本はアジアと世界から信頼と尊敬を受ける国になると」期待したいのですが・・

http://www.masudamiyako.org/news/09/090902.html

「日本はアジアと世界から信頼と尊敬を受ける国になると」期待できません。
100%無理です。

増田先生、記事コピペさせてもらいました。

関東大震災時の朝鮮人虐殺―その国家責任と民衆責任 関東大震災時の朝鮮人虐殺―その国家責任と民衆責任

著者:山田 昭次
販売元:創史社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ