最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

米国が企てる朝鮮半島危機 米物理学者「天安艦は座礁か衝突で沈没」

今度は韓国出身の米国物理学者からの意見がでました。
真っ当な見解です。

http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/knews/00_2010/1275031901749Staff

  「合調団発表のとおりなら天安艦はばらばらになるはず」

 

ホン・ソンマン記者2010.05.28 11:21

韓国出身の米国物理学教授が、天安艦は座礁や衝突で沈没したのであって爆発 と考えるのは難しいと政府の発表を否定したことで関心を集めている。

米国ジョーンズホプキンス大のソ・ジェジョン物理学教授は5月28日、[平和放 送・開かれた世界の今日]とのインタビューで、「(天安艦沈没の原因は)爆発 かもしれず、座礁、衝突。その3つ程度に分けられる」とし「外部爆発の痕跡も なく、内部爆発の痕跡もなく、当然接触爆発の痕跡もない。爆発は排除すべき だろうし、では残る原因は座礁と衝突になる」と主張した。

魚雷の破片はどこにあるのか?

衝撃波は家屋崩壊の1000倍...天安艦は強くつぶされるバブル効果は迷信

バブル効果は迷信

合調団発表の通りなら天安艦は粉々

米国、天安艦事態で日本・米国の基地移転問題を解決

米国の反応についても助言を出した。「米国で断定的に『北朝鮮がした』と、 そう言ったというより、『北朝鮮がしたそうだ』、『韓国政府の発表を信頼す る』、このように間接話法を使っている」とし、注意すべきだと忠告した。

米国が韓国の立場を支持するのは、米国の国益によるからだと見た。「今回の 天安艦事件を契機にして、日本政府が屈服した」とし「東北アジア情勢がとて も不安定で難しい時に、こうした問題でもう延せないと言い、米国政府の立場 を尊重する形で立場を整理した」と見た。

米国は韓国政府の調査発表を信じるといいつつ、自分の願む事業の一つと言え る日本の米軍基地問題を解決した側面があると見た。

面白いのは、私もそう思っているだが、今回の事件で米政府の言動は、韓国政府を支援する第三者であることを印象づけようと韓国を前面に出した間接話法を使っていること。沈没時に米軍主導の合同軍事訓練を行っていたことや有事の作戦指揮権を持つことからすれば米軍が当事者として前面に出てきておかしくないはずなのだ。いつもなら出しゃばりなくせに。まるで三文ミステリーの登場人物のようだ。(笑)

ソ氏は、そのような米国の態度を「米国が韓国の立場を支持するのは、米国の国益によるからだと見た。」と日米間の懸念事項である普天間基地問題に絡めて説明している。

それもあるが、実は事件の当事者だということと、北朝鮮のテロ行為と国際社会に思わせることで北朝鮮を追い詰め、同時に普天間だけではなく東北アジアの安全保障の枠組みを締め直す米国の指揮した謀略だからだろう。

 

2010年5月28日 (金)

米国が企てる朝鮮半島の危機 「爆発はなかった 魚雷もなかった」

韓国の哨戒艦「天安」沈没事件の調査を行なった軍民合同調査団に国会から派遣された専門委員シン・サンチュル氏のスピーチと同氏によるヒラリー・クリントン米国務長官への手紙がヤフー掲示板に転載されてきました。

「2010年3月26日ソウル市内の教会におけるCheonan号沈没の真実に関する Shin Snag-Chul さんのスピーチから、および同氏によるヒラリー・クリントン国務長官への手紙」 公開されている状況証拠に矛盾なく非常に説得力のあるものです。

原文は
http://www.spark946.org/bugsboard/index.php?BBS=s_news&action=viewForm&uid=2529&page=1

日本語訳は
http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html

ついでに、下記のリンクはでっち上げを疑われている軍自身が主体となった軍民合同調査団のまったく説得力のない調査報告書全文
http://www.nikkei.com/news/headline/related-article/g=96958A9C9381959FE0E2E2E1838DE0E2E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2;bm=96958A9C9381959FE0E2E2E3848DE0E2E2E7E0E2E3E2E2E2E2E2E2E2


----------

爆発はなかった 魚雷もなかった
There was no Explosion. There was No Torpedo.
by Shin Sang-Chul
http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html

(転 送・転載歓迎) 

市民の皆様へ  お知り合いの国会議員に知らせてください。 昨日の昼から韓国のサイトに登場していました。

http://nobasestorieskorea.blogspot.com/2010/05/urgent-fwd-from-korea-letter-to-hillary.html


政治家の皆様、どうか経済制裁を軽々しくしないでください。ロシアも調査団を送ったそうです。

「イラク戦争何だった の?」を考えようとしている代議士の方たちは、この事件も「何だったの?」と疑問視してください。

さとう -anatakara.com/petition/index2.html-


(調 査官Shin Sang-Chul氏のクリントン国務長官への手紙と調査結果)


親愛なるヒラリー・クリントン国務長官


ようこそ韓国へ。長官が朝鮮半島を含む東アジアにおける平和を話合う好機を得られるよう望みます。

私は沈没した天安号 のため韓国国会によって推薦された民間調査員、S.C.Shinです。ここ韓国における真実そのものを長官にお知らせしたくこの手紙を書いています。


私は韓国海洋大学を1982年に卒業し、航海および砲術士官として2年間海軍に在籍、その後、韓進海運で航海士として数年間極東と米国 西海岸の定期航路貨物船に乗船勤務し、さらに現代、サムスン、大宇、韓進重工のような韓国大企業の造船所で7年間、造船検査業務を経験しました。


私は136,000トンのばら積貨物船3隻、2,000~4,000トンのコンテナ船10隻の建造で、船体構造、船用機械と装備、塗料 と航行システムを含む航海器具を担当しました。


私は韓国軍本部の結論に合意しませんでしたので、現在名誉毀損により訴 えられています。

この状況がおわかりでしょうか?私は当局に反対の立場にたった唯一の人間です。それが私が訴えられた唯一の理由です。私 は世界の中の民主主義国家において、どうしてこのようなことが起こったのか理解できません。


それで私は自分の意見をあ なたに述べたいと思いますが、さらにこれがあなたを韓国でのあの不幸な事故の真相へと導く、有意義な情報であるかもしれないと考えます。


ご存じのように、この事件は世界の平和に貢献する朝鮮半島の平和にとりあまりに重要な問題ですので、あなたとあなたの国は熱意をもって 完璧(な調査)にしようと追求しています。韓国軍当局は「魚雷の爆発」によって天安号が2つに割れて沈んだという結論に達しました。

しか し私の意見はそれとは全くことなります、なぜなら私は「爆発」を示すものはかけらも見つけることができず、反対にその船の座礁と離礁を示すいくつもの証拠 を見つけることができたからです。

私は、真実をもとめる小さな声が予期せぬ災いを防ぎ、朝鮮半島にいる7,000万人の人間の安全を確実 にするということを、あなたに十分に理解して欲しいと思います。


これから、ベンニョン島の位置する環境、特にこの付近 での船舶航海にとって重要な自然環境を含む地理学的(*訳注:英語は「幾何学的」だが不自然と思われるため、地理学、とします)背景について話します。

(あ とは下記サイトにて)

http://www.anatakara.com/petition/no-explosion-no-torpedo.html

 

当ブログでは、米国こそこのでっち上げに関わっている共犯者としているので、この手紙の内容がネットを通じて知れ渡ったときのヒラリークリントンの対応が見物ですね。

といっても、ヒラリーもマスメディアもこの手紙のことは無視するでしょう。それぐらいでなければ、世界のあちらこちらで謀略を繰り返すなんてことはできませんから。

韓国政府がシン氏を口封じで逮捕することはありえますね。

2010年5月27日 (木)

米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換 2

そもそも韓国軍の哨戒艦沈没事件は真相がどうであれ韓国政府・軍は「沈没は北朝鮮の攻撃」という結論しかだせない。政府または軍が責任を負うか、全ての責任を北朝鮮に負わせるかのどちらかしか選択肢はない。韓国政府は、自らにはまったく責任はなく、全ての責任を北朝鮮に負わせることを決断した。 例え韓国政府が主張するように北朝鮮の魚雷攻撃だとしても、こともあろうに哨戒艦が向かってくる魚雷にも気がつかず、やすやすと撃沈されたことは軍の責任であるはずなのに、軍の誰も責任をとっていない。更に艦長と将校が生存し、一等兵や二等兵が犠牲になったということは、軍隊という組織の中では恥さらしな事であるのに艦長や将校への責任追及や批判、彼らの謝罪というのも聞いたことがない。

これは、最初から韓国政府と軍が自らの責任逃れを第一に優先していたからだ。韓国政府が責任逃れをするなら、その責任は当然北朝鮮になすりつけるしかあるまい。

 だが、問題はそれが単に責任逃れのレベルではなく、戦端を開くための謀略に使われていることだ。普通に考えても、ここで北朝鮮との緊張が高まれば、好調な韓国経済はこのようなリスクを恐れる外資の多くは逃げてしまい大変な混乱に陥る。なぜ、経済大統領と自称する李明博韓国大統領が急いでそこまで事をエスカレートさせるのか。事態を収拾させる落としどころもなく、北朝鮮を決定的に追い詰められるような韓国の行動は、北朝鮮の軍事報復を待っているとしか思えない。

 このような決断が韓国大統領が単独で行なうとは考えられず、韓国やこの地域の安全保障のイニシアティブをもつ米国のシナリオであることは間違いないだろう。

 日本はこの有事を積極的に利用して米国との安保の強化、(米軍の下請けとしてだが)日本軍の完全復活に望むだろう。日本は朝鮮戦争による好景気よ再びと内心考えているだろうが、進んで軍事的に巻き込まれに行くのだから好景気どころか戦争リスクが日本経済にも直撃することになり韓国と一蓮托生となる。

* はみ出しネタ

もう知られていることなのだろうか?

哨戒艦「天安」は就役から21年たった艦船で、沈没の前月には次期護衛艦に変わることが報道されている。
----------
次期護衛艦、2012~2016年に順次配置
   
  敵の対艦誘導弾に対する防衛能力を取り揃えた次期護衛艦(2300トン)が2012年を皮切りに2016年まで順次に配置される。国防部は24日、金泰栄(キム・テヨン)長官が出席した中で第40回防衛事業推進委員会を開き、こうした内容を議決した。次期護衛艦は搭載装備を含み、1隻当たり2700億ウォンで6隻ほどが建造される。次期護衛艦事業は1980年代に建造され、寿命が来た既存の護衛艦と哨戒艦を交換するもので、新しい護衛艦は艦隊に配属され、海域監視および防衛と海上統制権確保戦力として運用される。

http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=127604&servcode=400&sectcode=430
----------
この退役決定の老朽艦船が何の目的であの場所にいたのかのかも不思議。もちろん、哨戒任務なんだろうけど(笑)

2010年5月25日 (火)

米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換

 韓国海軍の哨戒艇「天安」が突然2つに折れて沈没した事件で、韓国政府はこれを北朝鮮の仕業と決めつけ国連安保理で新たな北朝鮮制裁を決議させようとしている。

 この哨戒艇の沈没については、事件発生からしばらくは韓国政府と米軍は「北朝鮮の関与はない」と断言していた。しかし、沈没船内の乗組員救出と船体の引き上げが異常とも言えるほど遅れている間に、韓国政府は北朝鮮の関与であるとこれまでの主張を一転させた。

 この哨戒艇の沈没については、当初から北朝鮮の関与はあり得ないと考えるだけの理由がいくつもある。それについては、ブログ”河信基の深読み”の関連記事、自分も書き込んでいるコメント、それと”田中宇の国際ニュース解説”の「韓国軍艦「天安」の沈没の深層」にまとまった分析がある。後になって「天安」と衝突した後沈没したと噂された米原潜は無事であることを確認されたと言われているが、それでも米韓政府に対する疑惑は払拭されていない。

 北朝鮮の攻撃による沈没であると強硬に押し切ろうとする韓国政府は米国、日本とともにこの事件を国連安保理の制裁決議にかけようとしている。常任理事国の中国とロシアが決議に素直に賛成するとは思えず、一種のパフォーマンスとも思えるのだが、それだけではない。

米韓のこの謀略によって安保理の制裁決議にかけられた北朝鮮がその報復として何かしらの軍事的アクションに出た場合、中ロは新たに出された制裁決議に条件付きであれ賛成せざるを得なくなる。これは国際社会の不公正さを利用した帝国主義国の常套手段であるワナで、挑発によってそのワナに追い込もうとしている。
金正日総書記が中国を訪問した際には、中国は北朝鮮に挑発に乗らないようにと進言したのではないかと思う。

2010年5月 3日 (月)

天皇制擁護者週刊金曜日編集長の「反天皇制運動」への忠言

 media_debuggerさんの最新のブログ記事「民族差別を批判しない天皇制「批判」を批判する」で、「 最新(4月30日)号の『週刊金曜日』で天皇制特集が組まれているので、一応目を通してみた。北村編集長は日々益々ご乱心のようであり、・・・」と書かれていてリンクも張ってある。  自分としてはとっくに終わってしまった「週刊金曜日」なんて、すでにまったく読んでいないし、興味もなかったのだけど、以前にも批判した北村編集長があれ以上にイカれているのならどこまでやっちゃっているのか、連休中の暇をもてあましているのでリンク先の「編集長ブログ」(週刊金曜日の編集長コラム)「暮 らしにひそむ天皇制を見て見ぬふりの「反天皇制運動」ではだめだ」を覗いてみた。

  あ〜、期待通りだ。(笑) 

 ザッと読んでみて気がつくのは、北村の論調や展開が佐藤優のとそっくりだということ。自分のスタンスをはっきりさせず、ここでは「反天皇制運動」への忠言のような思わせぶりをしてはいるが、中身はまったく愚にもつかない天皇制擁護の戯言。これはあくまで天皇制擁護者の視点からの「反天皇制運動」へのダメだしだ。

----------

 たまたま「ウィキペディア」で『週刊金曜日』の項をみていたら、私が「天皇制を容認した」ことに批判があると書かれていた。おそらく、 チャンネル桜の番組で、「なぜこれだけ長く天皇制が続いているのか、そのことを考えなくてはならない」と発言したことを指しているのだろう。そもそも、 「右翼的」とされる同局に出ること自体に、「仲間」の陣営から批判を受けてきた。書き込んだ人も同様の立場と思う。「菊タブー」は左翼・革新側にもあることを改めて感じる。

 ここで北村は「天皇制を容認した」と書かれていることに否定をしていない。そして「「菊タブー」は左翼・革新側にもある」と言っているが、「天皇制擁護」を批判されたことを「菊のタブー」と言っているようだ。(笑) 読者の批判をタブーと言うその神経はまったく理解できないが、それなら読者を騙すようなことはせず自分は「天皇制支持者です」とはっきり自分の立場を表明して、反対側からいくらでも言えばいいだろう。

天皇制について語るとき、「直ちに廃止すべき」「昭和天皇の戦争責任を許さない」と主張していれば文句を言われることはない。だが、そこにとどま る限り廃止への道は遠い。2000年の重みをもっと深刻に考えるべきだ。

 もし「まったく意味のない制度」と市民が考えていたなら、とうに消えているはずである。政治利用された時代も、天皇制の歴史の中でそう長くはな い。むしろ、明治時代以降の天皇制が異質なのだ。天皇は「日本人」の精神に深く染み込んでしまっている――この事実を冷静に見据え、解釈しなければ何も始まらない。

 おいおい、市民が天皇制を「まったく意味のない制度」かどうか評価することができるようになったのは、たった65年前からだ。しかも、その際も改正憲法に国民の意見などまったく考慮されずに、天皇制は存続されたわけだ。国民にとっての天皇の歴史は明治維新に始まって現在までの150年程度。それ以前には、天皇の存在など知ることはない。明治以降の天皇制が国民にとっての天皇制の全てだ。

 第二次大戦後まで皇室と大衆の接点がないのだから、日本の国民的な文化にはほとんど影響を与えてないから染みるはずがない。

「居間で上座に座るのはお父さん」という家庭があれば、そこにはすでに天皇制が浸潤している。混合名簿を使っていない学校は天皇制を包含している。「委員長の言葉は絶対」という労働組合は天皇制そのもの。「慈父賢母」の根底にあるのは天皇制。そういうことなのだ。そして、多くの市民がそれらを受け入れてい る現実――。

はぁ?アホか。上座に家長である父が座るのは、他の国にもあって珍しいものではないし、「委員長の言葉は絶対」といのも「慈父賢母」もなにもかも天皇制の影響?頭おかしいのでは?

 宗教的、文化的な面での検証も深めなくてはならない。天皇家は「巫女」の役割を負いつづけているのか、「日本固有の文化」の伝承者として容認され てきたのか。これらに解答を得たうえで、「日本人」が描いている「天皇像」を分析する必要がある。

 天皇家が日本の歴史・文化に関わったとしても、それが天皇制の存在の意義とは何の関係もない。血が絶えようがどうしようが、天皇と言われる家の問題。熱狂的なファンでもなければ国民には何の関係もない。

 このような実証的研究はさまざまに行なわれてきた。だが、反天皇制の運動は、どちらかというと「昭和天皇の戦争責任」にせばめられてきた感があ る。だから、昭和が終わった時点で、運動の高揚感が薄れたかのような印象が社会を覆った。一方で、直接、戦争責任を負わない立場にいる「平成の天皇」のも と、ますます天皇制はじんわりと社会に染み込んでいった。

 「反天皇制運動」が「昭和天皇の戦争責任」に狭められてきたとすれば、北村のような左派・リベラルのフリをした天皇制擁護者や国家主義者が天皇制の全ての問題を「昭和天皇の戦争責任」に矮小化したのではないのか。天皇制には戦争責任、侵略責任、民族差別責任などなど数え切れないほどの加害責任が「今」でもある。戯けたことを言うな。

 

 政治性を帯びた天皇制に焦点をあわせるばかりで、暮らしにひそむそれを見て見ぬふりの「反天皇制運動」は、空念仏に終わってしまう可能性がある。(北村 肇)

----------

天皇制が暮らしに潜んでいる(染みこんでいる)なんて言う北村の言う戯言を真に受けるような「反天皇制運動」なんて、とっくの昔に終わってる。(笑) 北村がほざく暮らしに染みこんだ天皇制文化を受け止め、皇室という2000年の日本固有の文化の重みを認めることで「反天皇制運動」は身のあるものになるのか?(爆笑) 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ