最近のトラックバック

« 天皇制擁護者週刊金曜日編集長の「反天皇制運動」への忠言 | トップページ | 米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換 2 »

2010年5月25日 (火)

米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換

 韓国海軍の哨戒艇「天安」が突然2つに折れて沈没した事件で、韓国政府はこれを北朝鮮の仕業と決めつけ国連安保理で新たな北朝鮮制裁を決議させようとしている。

 この哨戒艇の沈没については、事件発生からしばらくは韓国政府と米軍は「北朝鮮の関与はない」と断言していた。しかし、沈没船内の乗組員救出と船体の引き上げが異常とも言えるほど遅れている間に、韓国政府は北朝鮮の関与であるとこれまでの主張を一転させた。

 この哨戒艇の沈没については、当初から北朝鮮の関与はあり得ないと考えるだけの理由がいくつもある。それについては、ブログ”河信基の深読み”の関連記事、自分も書き込んでいるコメント、それと”田中宇の国際ニュース解説”の「韓国軍艦「天安」の沈没の深層」にまとまった分析がある。後になって「天安」と衝突した後沈没したと噂された米原潜は無事であることを確認されたと言われているが、それでも米韓政府に対する疑惑は払拭されていない。

 北朝鮮の攻撃による沈没であると強硬に押し切ろうとする韓国政府は米国、日本とともにこの事件を国連安保理の制裁決議にかけようとしている。常任理事国の中国とロシアが決議に素直に賛成するとは思えず、一種のパフォーマンスとも思えるのだが、それだけではない。

米韓のこの謀略によって安保理の制裁決議にかけられた北朝鮮がその報復として何かしらの軍事的アクションに出た場合、中ロは新たに出された制裁決議に条件付きであれ賛成せざるを得なくなる。これは国際社会の不公正さを利用した帝国主義国の常套手段であるワナで、挑発によってそのワナに追い込もうとしている。
金正日総書記が中国を訪問した際には、中国は北朝鮮に挑発に乗らないようにと進言したのではないかと思う。

« 天皇制擁護者週刊金曜日編集長の「反天皇制運動」への忠言 | トップページ | 米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換 2 »

安全保障」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しみにしています。お忙しいでしょうが、早く続きを読ませてください♪。…TVマスコゴミが保守政権の発表を垂れ流すのは、まあ今更のこととはいえ;、…残念なのは、この数ヶ月間に探し当てた「高校無償化からの朝鮮学校排除」について異を唱えたブログ(の一部)でさえ、「北の犯行」を信じきっている論調があることです。ついさっき見ました。 例えば「虹の日記 by どろ」( http://d.hatena.ne.jp/dondoko9876/ )。「天安艦は米原潜が沈めたのかという題で、 「田中宇」さんの説について、「ネトウヨの餌食になるだけだ(嘲笑)」とボロクソに非難したりと…。田中説については、僕自身も「…?」という感じはありますが…。問題はその後に「北犯行説に反対したい気持ちは分かるが…」等としている点です。沈没当初から寄せられた数々の疑問、核心部分の隠蔽、〝人民軍の性能は米軍をもはるかに凌ぐ!?〟(※これならこれで嬉しくはありますが;)など、少しだけ考えればいくらでも発表&垂れ流し報道に疑問がわくはずなのに…。特に、発表当日に即なされたの「検閲団を受け入れよ!」との声明は、2MB及び米国(そして僕自身も)予想だにできなかった、これ以上ない反論だと喝采したものですが…またもや、国連安保理に舞台を移してだらだらと緊張状態が続くのでしょうかね;。…南の民衆が進歩陣営に結束して、6.2地方選挙で正しい審判を下してくれることを祈っています。だらだらと長文失礼しました。。

亜州さん、こんばんは、

いつも読んでいただいているとのこと、ありがとうございます。こんな半端な書きかけを載せてしまって申し訳ありません。このところ記事を書いてはみても、途中で放り投げてしまうばかりで。まぁ、仕事が忙しいこともあるのですが、文章を書くのに悪戦苦闘するのが面倒になってしまっていて。(^^;)

今回もやはり面倒になって放り投げてしまったのですが、河信基氏のブログとヤフー掲示板の”ふざけるな〜”にコメントするだけでなく、ブログ記事もきちんと書こうと思ったので、とりあえず後で加筆するつもりでアップしました。超テキトウな性格なものですから。(^^;)

まだ、書いていないのに何ですけど、この沈没事件をきっかけに朝鮮戦争後安定しかけていた東北アジアの安全保障が最大の危機を迎えることになりそうです。

その「どろの日記」というのは少し前に米軍がアフガンで掃討作戦を少し「手加減」したからって大絶賛してた訳の分からないブログでしたね。あまり相手になさらない方がよろしいかと。

< その「どろの日記」というのは少し前に米軍がアフガンで掃討作戦を少し「手加減」したからって大絶賛してた訳の分からないブログでしたね。あまり相手になさらない方がよろしいかと。 >

 そうでしたか!。ありがとうございます♪。 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/34871328

この記事へのトラックバック一覧です: 米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換:

« 天皇制擁護者週刊金曜日編集長の「反天皇制運動」への忠言 | トップページ | 米国が企てる朝鮮半島の危機 米国対北朝鮮政策の転換 2 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ