最近のトラックバック

« モラル無き企業ー東京電力と岩波書店 | トップページ | ブログ再開 »

2011年5月 5日 (木)

やはり東電のテロ 一般市民の命犠牲を迫る

----------

<東日本大震災>「死者が出る恐れ」と迫る…停電の舞台裏

毎日新聞 5月5日(木)8時56分配信

 東日本大震災から3日後の月曜日、3月14日未明、もう一つの危機が迫っていた。

 「病院や家庭で人工呼吸器が止まり、死人が出る恐れがある。分かってますか」。枝野幸男官房長官が首相官邸で、東京電力で電力供給部門を統括する藤本孝副社長らに迫った。午前0時40分を回り、広域にわたる「計画停電」開始まで6時間を切っていた。

 東電は11日の大震災で福島第1、第2原発が停止し、電力供給の約4割(約1800万キロワット)を失った。週明け14日には電気が大幅に不足し、首都 圏で大規模停電(ブラックアウト)が起きる可能性が高い。東電は区域を決めて意図的に電力供給を止める計画停電に踏み切るしかないと判断。13日午後、清 水正孝社長が菅直人首相に「このままだと大規模停電になりかねません」と報告した。

 しかし、首都圏の鉄道網などが大混乱するのは目に見えている。複数の政府高官によると、枝野長官は「せめて14日午前中だけでもやめてくれ」と詰め寄っ たが、藤本副社長は「お言葉ですが、落雷で停電しても死者が出たという報告はありません」などと反論、枝野長官が「今回は意識的に止めるんだろう」と怒り をあらわにした。

 枝野長官が譲らなかったのは、大塚耕平副厚生労働相らから13日夜、「病院や在宅患者宅に緊急の電源を確保するよう徹夜で連絡しても、14日朝には間に 合わない」と報告を受けていたからだ。「死者が出れば政権が吹っ飛ぶ」との声が政権内に上がった。枝野長官は「大口事業者に泣きついてでもやめるんだ」と 重ねて迫った。

 午前3時過ぎ。藤本副社長は再び枝野長官を訪ね、報告した。「電力需給の見通しが立ったので、午前10時か11時までは実施しないで済みそうです」。午 前中は停電見送りが固まり、枝野長官は「やればできるじゃないですか」とねぎらった。しかし、この時点で停電中止は午前中にとどまり厚労省では病院対策な どで時間との闘いが続く。鉄道各社が東電から連絡を受けたのは午前4時半前後で、大幅な間引き・運休などが決まった後だった。

    ◆

 「確か、アメリカのカリフォルニア州で2001年に行った計画停電の資料があるはずだ」。11日の震災直後、東京都千代田区の東電本店。原発事故の対応 に追われる原子力部門と別のフロアでは、藤本副社長ら電力部門の幹部が海外の資料と首っ引きになっていた。戦後の混乱期を除いて日本で計画停電が実施され た例はない。

 実は東電は03年にも電力不足のおそれに直面した。福島第1原発などのデータ改ざん事件で17基の原発が全停止に追い込まれ、夏場を乗り切れるか危ぶま れた。この時は冷夏と原発の再稼働で事なきを得た。資料は当時集めた。「工場の操業停止や現金自動受払機の休止で生活や経済活動が混乱」−−。資料にはそ う記されていた。

 「霞が関や大手町まで停電させれば首都機能がまひする」。電力部門は12日未明までかかって東京23区の大半を除く計画停電のグループ割りを作成。その 朝、経済産業省に駆け込んだ。同省幹部は鉄道や病院、銀行決済、空港への影響が頭に浮かび、うなった。「制御不能の大停電か、計画停電の二つに一つの選択 か……」

    ◆

 不測の大規模停電を回避するための計画停電。しかし、官邸、霞が関、東電とも準備不足は明らかだった。停電は14日夕、実施され、茨城県鹿嶋市の避難所 の電気が消えた。国土交通省幹部は「停電による社会への影響は誰もが意識していたが、情報共有や連携ができなかった」と悔やむ。【震災検証取材班】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110505-00000004-mai-soci

----------

実際は節電で済んだものを。意図的に停電させた東京電力は電力事業法違反。

不測の大停電を避けるために、より長い(およそ1ヶ月間)とんでもない大規模な停電を行ったことになる。カリフォルニアの計画停電は、電力危機になるたび何度か行ったようだが、ネットで調べたところ20分から1,2時間の中で10分から20分の停電だったらしい。それも一日かそこらで終わっているらしい。それでも大混乱だったようだが、日本の輪番停電はその数百倍ぐらいの停電だから、北朝鮮の20年ぐらい前を参考にすべきだっただろう。(笑)

それを止められなかった内閣にも責任がある。菅内閣は東電の言い分を信じただけ失策を繰り返している。東電がねつ造、歪曲したものしか出さないのは、はなっからわかっているのに、それを信じる菅内閣は本当に愚かだ。東電は福島原発が危機的状況であったときでさえ、東電の共犯である自民党やマスメディアを通じて菅首相に責任を押しつけるデマ情報を流していた。たかが一企業がこれほど世間をなめた態度でいるのは自民党政権との癒着がそうさせたのだろう。

やはり東電幹部は万死に値する。

この記事は書きかけです。

« モラル無き企業ー東京電力と岩波書店 | トップページ | ブログ再開 »

事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/39872947

この記事へのトラックバック一覧です: やはり東電のテロ 一般市民の命犠牲を迫る:

« モラル無き企業ー東京電力と岩波書店 | トップページ | ブログ再開 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ