最近のトラックバック

« もう歴史を語るのはタブーだ | トップページ | 自壊する岩波書店ーとうとう壊れた(笑 »

2011年8月17日 (水)

原発戦犯たちの生き残り大作戦 2

* まちがって下書きを公開していました。(^^;

マスメディアによる「菅つぶし」「菅おろし」キャンペーンは、菅直人憎しというほどにすさまじい。

このことについて、不信任決議案が提出されるとした時点でブログで何度も書こうとしたけれど、なかなかうまくかけなかった。いろいろ理由はあるが、一つには、大地震と原発事故の被害が拡大しているさなかに、自民、公明、与党民主党による「菅おろし」という権力闘争が突然始まり、それを煽り、菅を引きずり下ろすことを日本の政治課題の第一優先と思いこませるあからさまな世論操作に熱狂する日本の報道メディアという日本の政治風景があまりにも異常すぎて(馬鹿馬鹿しすぎて)うまく説明することが出来なかったからだ。本当は、ふさわしい悪口が思いつかなかっただけなんだが。(笑)

 これが背後に、福島原発という未曾有の大人災の責任を隠蔽するための政治工作・情報工作という目的があると私は確信している。

 振り返ってみると、大震災後の復興のため与野党の協力が必要なところ、第一級原発戦犯の自民党内部が連立で混乱。その後、自民党内部で反対の意見を押さえて不信任決議案を提出。そこに反自民党だったはずの民主党小沢が造反。結局、小沢の造反は失敗したが、これ以降、原発事故そっちのけで、全て政治報道は政局に話題を集中させた。このころ、節電混乱と出張に行っていたので、マスメディアの報道をチェックしていなかったから自信はないが(元々政局に興味がない)。

引っかかるのは、原発戦犯で事故責任を言及されるのを恐れて、なりを潜めていた自民党がなぜこの時期に内閣不信任決議案を提出したのか。菅総理に恨みを持つとはいえ被災地の岩手を基盤に持つ小沢がこの時期になぜ自民党に便乗したのか?

土壇場で覆されたが策士小沢の狙いはほぼ成功していた。よほどの根回しと高い確度の数合わせが行われていたはず。大地震と原発事故で混乱が収拾していない中での政局争いは、自民党、公明党、民主党小沢派は当然国民の批判を受けることになることを考えていたはずで、マスコミ報道の行方次第では小沢一郎は勝っても負けても国民批判を受けて再起不能の致命傷を負うか、マスコミが小沢と自民党に肩入れして、国民批判をそらしてしまうかのどちらかだと予想したが、後者になった。

こういった国難といわれる混乱のさなかに白昼堂々と権力争いを仕掛けたのは、菅総理が脱原発の考えを鮮明にした頃からだ。

----------

                                                                                                                       
2011年 5月27日ニュース【20年代初め電力の20%自然エネルギーに 菅首相OECD記念式典で表明
2011年 5月11日ニュース【エネルギー基本計画白紙に 菅首相表明
2011年 5月 7日ニュース【菅首相浜岡原子力発電所の運転停止要請

http://scienceportal.jp/news/daily/1107/1107141.html

----------
小沢が菅のお株を奪って「脱原発」に走ることはまったくなく、むしろ自民党と裏で手を結んで造反劇のドタバタを演じたのは、このオヤジの頭には被災者より権力にしか興味がないことを晒した。一部では小沢一郎は原発利権の毒まんじゅうを食ているとの報道もあった。真偽はわからないが。

« もう歴史を語るのはタブーだ | トップページ | 自壊する岩波書店ーとうとう壊れた(笑 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/514263/41238086

この記事へのトラックバック一覧です: 原発戦犯たちの生き残り大作戦 2:

« もう歴史を語るのはタブーだ | トップページ | 自壊する岩波書店ーとうとう壊れた(笑 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ