最近のトラックバック

光市母子強姦殺害裁判

2008年4月23日 (水)

光市母子殺害事件差し戻し控訴審判決 なぜ弁護団は自爆弁護をしたのか?

光市母子殺害事件の差し戻し控訴審の判決が下された。予想されたとおりの死刑判決。判決理由も全面的に納得できるものだ。

以前「続X10 週刊新潮に援護される岩波書店『世界』 佐藤優という泥沼」の記事内で私が安田弁護士を「偽善弁護士」と書いたことで、それに対する非難コメントがついた。そのコメント欄で私は光市母子殺害事件の差し戻し公判をめぐる安田弁護士率いる弁護団の法廷戦術の非道さを批判した。
世間では安田弁護士は、人権派弁護士、死刑反対派のリーダーとして名を知られている。しかし、光市母子殺害事件での彼の弁護戦術を見ると、とてもヒューマニズムとか、人道主義からこの事件の弁護をしているとはとても思えない。これほど被害者とその遺族の尊厳を踏みにじり、被告の不利益になるような弁護があっただろうか?
理解できないのは、世論から「被害者の尊厳を踏みにじる、卑怯者」との批判を浴びせられ、判決文には弁護側の主張そのものが死刑判決の理由にされた彼の愚劣な裁判戦術は、何のためだったのだろう。

安田弁護士は、自分の「司法とのケンカ」を光市母子殺害事件の死刑を争う法廷に持ち込んだのだのではないか。 

司法とガチンコでの勝負を求めた為、加害者の更正の可能性を訴え世間や裁判官に酌量を求めることを拒否し、犯罪行為そのものを荒唐無稽な筋書きで否定するというこれまでの積み重ねてきた事実認定を総てひっくり返す特攻行為にでた。もうこれは、被告の弁護ではない。安田弁護士の戦いなのである。安田弁護士には、この裁判での加害者も被害者も司法権力との対決するために存在するものなのだ。

光市母子殺害事件差し戻し公判は、安田弁護士の死刑制度、検察との戦いに利用されただけだ。

裁判所は、すでにそれを見抜いているのだろう。判決文には何度も繰り返し被告の弁解そのものが虚偽であり、そのことで酌量すべき事情が見いだせなくなったと述べている。これは当然弁護団に対する批判でもあるのだろう。安田弁護士が弁護しなくても死刑になったと思われるが、この判決で死刑を選択された大きなファクターになったのは、安田弁護士と大弁護団の弁護であることはまちがいない。

 被告は、上告審で公判期日が指定された後、旧供述を一変させて本件控訴事実を全面的に争うに至り、被告の新供述がとうてい信用できないことに徴すると、被告は死刑を逃れることを企図して旧供述を翻した上、虚偽の弁解をろうしているというほかない。新供述は、殺人および強姦致死ではなく傷害致死のみである旨主張し、被害児の殺人および窃盗については、いずれも無罪を主張するものであって、もはや、被告は、自分の犯した罪の深刻さと向き合うことを放棄し、死刑を免れようと懸命になっているだけであると評するほかない。自己の刑事責任を軽減すべく虚偽の供述をろうしながら、他方では、遺族に対する謝罪や反省を口にすること自体、遺族を愚弄するものであり、その神経を逆なでするものであって、反省謝罪の態度とはほど遠いと言うべきである。
 1審判決および差し戻し前の控訴審判決は、いずれも、犯行時少年であった被告の可塑性に期待し、その改善更生を願ったものであることができる。ところが、被告は、その期待を裏切り、差し戻し前の控訴審判決の言い渡しから上告審での公判期日指定までの約3年9ヶ月間、反省を深めることなく年月を送り、本件控訴事実について取り調べ済みの証拠と整合するように虚偽の供述を構築し、それを法廷で述べることに精力を費やした。そのこと自体、被告の反社会性が増進したことを物語っていると言わざるを得ない。
 犯した罪の深刻さに向き合って内省を深めることが、改ざん更正するための出発点となるのであるから、被告が当審公判で虚偽の弁解をろうしたことは、改善更生の可能性を大きく減殺する事情と言わなければならない。

◆死刑選択の可否の検討◆
 被告の罪責は誠に重大であって、被告のために酌量すべき諸事情を最大限考慮しても、罪刑均衡の見地からも、極刑はやむを得ないというほかない。
 当裁判所、上告審判決を受け、死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情の有無について慎重に審理したものの、基本的な事実関係については、上告審判決の時点と異なるものはなかった。むしろ、被告が当審公判で虚偽の弁解をろうし、偽りと見ざるを得ない反省の弁を口にしたことにより、死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情を見いだすすべもなくなったと言うべきである。上告審判決が説示したのは、被告に対し、その罪の深刻さに真摯に向き合い反省を深めると共に、真の意味での謝罪と贖罪のためには何をすべきかを考えるようにと言うことをも示唆したものと解される。結局「死刑の選択を回避するに足りる特に酌量すべき事情」は認められなかった。被告を無期懲役に処した1審判決の量刑は、死刑を選択しなかった点において、軽すぎると言わざるを得ない。

光母子殺害・差し戻し控訴審判決(要旨)毎日新聞 からの抜粋

死刑制度反対のイデオロギーに拘泥された安っぽい人権派は、それでもこれがTVの煽りによる裁判制度も知らない感情的で愚かな世論に影響されただの、厳罰化の流れにそったものとか言い訳をして慰めている。それなら裁判官も裁判制度もしらない馬鹿者だったのだろうか。

佐藤優にしても、安田好弘にしても国家と戦うイメージでリベラル派や人権派を装っているが、本質的なところでリベラルとか人権とかとは違っていると自分は思う。

2008年4月12日 (土)

光市母子強姦殺害裁判ー 口先だけの謝罪手紙

<光母子殺害>「命尽きるまで謝罪」元少年の手紙紹介

4月12日21時22分配信 毎日新聞

 

 山口県光市の母子殺害事件で、殺人罪などに問われた当時18歳の元少年(27)の弁護団が12日、広島市中区で講演。22日に広島高裁で判決が言い渡さ れる差し戻し審の争点を説明し、元少年が07年12月に遺族の本村洋さん(32)に出した「命尽き果てるまで謝罪を続けていきたい」という手紙の内容を紹 介した。

 市民団体「光市事件裁判を考える会」が主催。安田好弘・主任弁護人が「1、2審の弁護団が争わなかった事実関係を差し戻し審で見直した。元少年には実質 1審だ」などと話した。手紙には「生きていたいということが本村さんをどれだけ苦しめているかを知ってしまったぼくは、身の置き所がない」などと書いてい たという。

 また、弁護団がこの日、判決前の気持ちを元少年に聞いた際、「私にとって大事なのは判決日ではない。14日(事件当日)です」と反省の意思を示したことを明らかにした。【大沢瑞季】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080412-00000092-mai-soci

「命尽き果てるまで謝罪を続けていきたい」だとふざけるな。勝利宣言のつもりか。

被告と弁護団の主張を簡単に言えば、

  • 母のように甘えたて後ろから羽交い絞めにしたら、騒いだので口を塞いだら勝手に死んじゃった
  • 死んだ女性を蘇らせようと、性行為をした
  • 殺された母の元で泣く幼児の首に紐を巻きつけてちょうちょ結びをしたら勝手に死んじゃった。

こんなふざけた主張をしていながら、なにが謝罪だ。

ちょっと謝罪したふりすれば、死刑なんかにならないと舐めてるんだろう。
死刑囚への同情論なんて、すっとんでしまった。

こんな鬼畜は生きる価値無し。地獄に堕ちろ。

2016年3月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ